8月23日放送(RBCは8月28日)
創造の果実!ハートのスイカ
スイカ農家・木村さんは、4月から6月までスイカの収穫をします。ハートのスイカだけでなく、大玉スイカも、小玉スイカも作ります。その中で、ハートのスイカは、5月の母の日に合わせて国内の店頭に並びます。限られた期間だけ販売されるスイカです。そして、12月のクリスマスの時期にも、木村さんは、ハートのスイカと小玉スイカを作ります。 ハートのスイカは、その多くがお祝い用とギフト用です。購入するお客にとって、特別な日のためのスイカです。木村さんは言いました。「特別な日に、スイカを切って、がっかりするような果肉だったら、その場の雰囲気は台無しです。大切な思い出の日に食べるスイカですから、責任を感じます。」だから、木村さんは出荷の時に、慎重に、慎重に選別します。見て楽しめて、食べても美味しいスイカを出荷するために、何度も、何度も繰り返しスイカをたたくのです。 ハートのスイカは、特別なスイカですから、番組を見て、高価で、とても手が出ないと感じた人もいたでしょう。確かにハートのスイカは、気軽に購入できるスイカの値段ではありません。でも、最初に書きましたが、木村さんは、普通の小玉スイカも作っています。“畑の黒真珠”、これが木村さんが作る小玉スイカのブランド名です。この“畑の黒真珠”のスイカ畑で、木村さんはハートのスイカを作っています。木村さんのスイカに興味はあるが、ハートのスイカは、ちょっと高価…と思った方は、“畑の黒真珠”を調べてみてください。 それと、もうひとつ。ハートのメロンに挑戦している上田さんは“ネット系赤肉メロン”で有名な生産者です。上田さんのメロンは、“恋人メロン”のブランド名で販売されています。 宣伝みたいになってきましたが、私が取材して感じたことを最後に書きます。 今回取材した農家さんは、とびっきりの農作物を作る“想い”のある生産者です。 スイカも、メロンも、大変おいしゅうございました。


担当: RKK熊本放送 薛 力夫