4月2日放送(RBCは4月7日放送)
ハム伝来!長崎からの挑戦

主人公の田川社長は、本当に真面目!!どんなに機械化されても、先代から受け継いだ手間をかける作り方を変えず、真面目にコツコツと伝統の味を守り続けてきた方です。ハム・ソーセージというと大手の企業が多い中、小さな商店が100年続いているということは本当にすごいこと!それはひとえに、その地道さにあり、まさに日本のがんばる中小企業!
今回は、波佐見焼とコラボレーションする新商品作りを追いかけました。まったくの異業種とのコラボ。初めは何の伝手もなく苦労されたそうです。構想から2年かけて作り上げた『長崎ケーゼ』。初めて一般の方にお披露目した出島のお土産コンテスト。どんな評価を受けるのか、取材する私はドキドキ。しかし、田川社長は逆にいろいろな意見を聞けることが楽しみと話されていて、その姿勢が美味しいモノを作っていくんだなと感じました。 『長崎ケーゼ』は、去年ドイツで開催された国際コンクールで再び金賞を受賞!さらに、今年行われた長崎県の特産品新作展でも最優秀賞を受賞しました。田川社長は、『長崎ケーゼ』の第2弾として、今、新たなデザインの波佐見焼の器を制作中です!いろいろなシリーズを作って、器を集める方が出てくれれば・・・。田川社長の挑戦はまだまだ続きます!




担当:NBC長崎放送 柴田智恵