担当ディレクターの取材後記
12月1日放送
街を元気にする映画館
今回取材したシアタードーナツは、沖縄市コザにある小さな映画館。映画の目利き・宮島真一さんがお勧めする「映画のセレクトショップ」だ。
それぞれの作品に思い入れがあるからこそ可能な限り上映前に「前説」をし、上映後は観客とユンタク(おしゃべり)して感想を分かち合う。アットホームでコミュニケーション重視。リクエストがあれば一つの作品を1年間上映し続けたりもする、個人経営ならではの自由さが楽しい。
もしシアタードーナツで映画を見るなら、ぜひトークイベント付きの上映を体験してほしい。毎回、作品のテーマと関連するゲストをチョイス。上映後すぐに話を聞くことで理解が深まり、意見や感想をシェアすることで考えさせられるなど、なかなか濃い体験が待っている。私がシアタードーナツに初めて行ったのも、トークイベントつき上映だった。アメリカの刑務所で撮影されたドキュメンタリーで、監督本人と沖縄市少年院の院長(!)がゲストであった。どこか遠い世界のように感じていたストーリーが、トークのお陰でぐっと身近な問題として感じられるようになり、その印象の変化に自分でびっくり。そして映画館という場が持つポテンシャルの大きさに感動。取材へと繋がった。
担当:RKB毎日放送 井上 真喜