担当ディレクターの取材後記
8月2日放送
大分メイドの巻き芯ロール!
巻き寿司に使う冷凍の具材「巻き芯」を専業とする大分県由布市挟間町の株式会社吉田喜九州。巻き寿司の業界において滅多に表舞台に立つことはない会社だが、良いものを消費者に届けたいという熱い気持ちで商品開発に取り組んでいる企業です。 美味しい巻き寿司を作るために、製造から商品化までの全ての工程においてきめ細かな配慮が散りばめられています。 さらに、食品ロスや働き方改革などの改善にも貢献してくれるというまさに、巻き寿司の新たな未来を切りひらくアイデア商品だと取材を通じて感じました。 本来、今年5月には念願の北米進出を果たす予定でしたが、コロナ禍の影響で 計画は11月以降に先延ばしとなってしまいました。  その一方で、北米進出前の試作品として、現在は家庭用の巻き芯セットも販売しています。家族で巻き寿司づくりを楽しむもよし!アレンジして洋風のオリジナルレシピを作るもよし! 番組をご覧になった皆さんにも、ぜひお家で巻き芯の魅力を堪能していただければと思います。

担当:OBS大分放送 都甲尚伸