担当ディレクターの取材後記
11月22日放送
メイドインさつまの胡蝶蘭
日野洋蘭園は、東京の日野市で創業。およそ30年前に生産量拡大のためさつま町に移転してきました。胡蝶蘭の切り花生産量は日本一。どんな注文にも応えられるよう、育てている品種は60種類を超えます。
今回は胡蝶蘭をメインに取り上げましたが、実は、スマイラックスなどの切り葉の生産にも同じくらい力を入れています。なかでもアイビーは生産量日本一。染め胡蝶蘭のように、ピンクやオレンジなど、色をつけたアイビーもかわいくてとても人気です。葉物も常に新しい品種を試作、導入しています。
胡蝶蘭担当の小川さんは現在、香り付きの胡蝶蘭を試作中だそう。販売が始まった新品種などインスタグラムにアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

担当:MBC南日本放送 江藤智恵