担当ディレクターの取材後記
4月4日放送
物流の未来を変える!ドローンのチカラ
「ドローン=空撮」というこれまでのイメージが、取材を通して一気に変わりました。
農業用や搬送用といった大型のドローンがciRoboticsの製造現場には、ずらりと並んでおり、その光景は圧巻の一言。
実際に農薬散布の現場で液体を積んで、ドローンが縦横無尽に飛んでいる姿を見ると、今後様々な分野で活用される可能性を感じざるを得ませんでした。物流をはじめ、災害対応やインフラの点検、測量や監視など活躍の場は広がっています。それと同時に、ドローンの操縦免許制度や機体認証制度など法整備も加速していくことでしょう。
 今、小野さんたちは草刈りドローンの開発に挑戦中。現場の声から生まれたアイデアです。近い将来、私たちが考えもしない活用法で、ドローンが大空を飛び交っている日が来るかもしれません。今後どんなドローンを生み出してくれるのか、ciRoboticsから目が離せません。

担当:OBS大分放送 田中智基