2016年4月13日(水)放送

憩いのときが流れるオープンカフェ 「カナル・ヴィオラ」
e>

北九州都心の紫川河畔に、お昼だけ開店するオープンカフェがあります。その名は、紫の運河を意味する「カナル・ヴィオラ」。13店舗が日替わりで出店し、鶏肉料理やホットドッグなど、バラエティーに富んだランチを販売します。公共空間の有効利用を考える勉強会をきっかけにオープン。新たなにぎわいを生み出すことでも一役買っています。
旬感ワードは「憩いのとき」。ランチを楽しむ客でにぎわう「カナル・ヴィオラ」の魅力を紹介します。