2017年4月26日(水)放送

長く受け継がれる北九州の食文化 ぬか床・ぬか炊き

北九州・小倉では、少なくとも江戸時代はじめにはぬか床があったとされ、“百年床”と呼ばれるようなぬか床を受け継ぐ家庭もあります。全国的にも珍しい、ぬかを使ってサバやイワシなどの青魚を炊き込む「ぬか炊き」は、定番の郷土料理として市民に親しまれています。
旬感ワードは「伝統の食」。専門店を営む波多野淳子さんを訪ね、北九州のぬか床の特徴やぬか炊きの魅力を伝えます。併せて、ぬかを使った新商品も紹介します。