2018年3月21日(水)放送

物流サービス向上に、高齢者の力を!シルバー人材が宅配便で活躍!

北九州市で高齢者の力を活かした新たな物流サービスの取り組みが始まりました。北九州市シルバー人材センター会員の高齢者が、宅配便の地域拠点から家庭や企業に、自転車などを使って荷物を配達します。昨年8月、運送会社の佐川急便と北九州市シルバー人材センター、北九州市が連携協定を結びスタートしたもの。宅配ドライバー不足の解消や高齢者の就労支援など、さまざまな側面で期待が寄せられています。
旬感ワードは「シルバーパワー」。佐川急便の地域拠点で働く弓削義昭さん(74歳)を取材し、仕事のやりがいなどについて聞きました。