「シャッター 報道カメラマン 空白の10年」「地方の時代」映像祭2013で入選、上映

写真

シャッター 報道カメラマン 空白の10年

6月9日(日) 深夜2:30~3:56放送

写真

写真

 10年前。イラク戦争に、世界の注目が集まっていた。陥落した首都バクダッドに、世界中から報道機関が駆けつけた。事件はその時、隣国ヨルダンの国際空港で起きた。突然の爆発で、6人が死傷した。

 爆発したのは、イラク戦争の取材を終えた日本人カメラマンが持っていた金属片。それは、イラクの戦場で拾った不発弾だった。前代未聞のニュースは、世界中を駆け巡った。カメラマンは新聞社から懲戒解雇された。
 カメラを捨てた男は今、海外で職を得た妻に従って、3人の子供とともにアフリカで暮らしている。定職は持たず、妻を支えるために家事を受け持つ。だが、時がたち、男は少しずつカメラを手に取るようになってきた。
 この男の撮る写真には、心を打つ何かがある。ホスピスで撮った末期がん患者の死に顔は、新聞に掲載されて大きな反響を呼んだ。そしてイラク戦争報道でも、強烈なインパクトを放つ写真で、男は戦争の惨禍を知らせてきた。その男が、人の命を奪ってしまった。それはなぜか--。

写真

 この男の贖罪と祈りの10年をたどるために、タンザニア、そしてエジプトにカメラは飛んだ。
 日本では3・11後、マスメディアへの批判が強まっている。番組では、「人に伝える」とはどういうことなのか、さらに「報道とは何のためにあるのか」を、ジャーナリストの大谷昭宏・津田大介とともに解いていく。(RKBテレビ制作部 神戸金史)