たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

7月21日の放送内容

洋野菜の産地を訪ねて「洋野菜のベジキーマ」

皮をむいたら仄かなピンク色のノーザンルビー、鮮やかな紫色のシャドークイーン。実はどちらもジャガイモだ。細くて小ぶりのスティックニンジン、黄色いズッキーニ…今回は、そんな西洋野菜に特化した、熊本県合志市の「うさぎ農園」をコウさんが訪ねる。生産者は若き夫婦。それぞれ安定した職を手放しての就農は、後発生産者ならではアイデアが詰まっていた。新たな農業にチャレンジするアツイ姿に、コウさんも刺激を受ける!?
カラフルでキュート。ぱっと見、どう扱うか戸惑ってしまいそうな西洋野菜。だが普通の野菜と同じ!今回は、その美しさを生かし、野菜仕立てのキーマカレーを作ることに!
ポイントは、洋野菜を“グラッセ”にすること。このグラッセ効果で艶やかふっくら!ジャガイモのほくほく感、ニンジンの甘み、味も色もグンと引き立ち粒の揃った宝石のよう!カレーは別のフライパンで作り、後から合わせるのがコツ。肉の代わりには“畑のお肉”とも呼ばれる大豆の厚揚げを使う。これがまた旨みも食べ応えも十分!さらに、今回は赤、黄、白、緑が一皿に並ぶ盛り付けも必見だ。普段はサラダにすることが多いスイスチャードは、実は炒めると美味。色鮮やかな上、苦みが消えてほうれん草のような味わいに。少し歯ごたえが残るくらいがお勧めだ。視覚からの楽しみと、味の調和が取れた本格キーマ。洋野菜は、和食にも中華にも応用でき、その美しさを応用すれば無限の可能性が広がる。家庭で取り入れるとレパートリーが広がること間違いなし!ぜひお試しを。

★洋野菜のベジキーマ

★洋野菜のベジキーマ

材料

ノーザンルビー(じゃがいも)
2個
シャドークイーン(じゃがいも)
2個
スティックニンジン
2本
ズッキーニ
1/2本
砂糖
小さじ1
バター
20g
白ワイン
1/2カップ
ローリエ
1枚
玉ねぎのみじん切り
1/2個
ニンニク、生姜のみじん切り
各1かけ
厚揚げ
1/2丁
トマト
1個
クミンシード
大さじ1
カレー粉
大さじ2
スイスチャード
5枚
塩、オリーブオイル、粗挽き黒胡椒
適宜
ホカホカのターメリックライス
茶碗2杯分
生クリーム、水切りヨーグルト
各1/2カップ

レシピ

1. ノーザンルビーとシャドークイーン、スティックニンジンを1cmほどの角切りにする。それをフライパンに入れ、バターと白ワイン、ローリエを加え蓋をして10分ほど蒸し煮する(グラッセ)。
2. 蒸し煮する間にフライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、玉ねぎのみじん切りを炒める。しんなりしたら、ニンニク、生姜のみじん切り、さらに1cmほどの角切りにした厚揚げとクミンシードを加える。香りがたったら角切りにしたトマトも加え炒める。
3. 1が8分ほどたったら、味と硬さを確認。塩少々を加え角切りにしたズッキーニを入れる。
4. 2にカレー粉と水1カップを入れる。塩は少し強めに加え、一煮立ちしたら3の蒸し煮を合わせ、野菜が柔らかくなるまで煮る。
5. スイスチャードを炒める。茎は小さめに、葉はざく切りにしてオリーブオイルで茎から炒めていく。途中味見をして、苦味が抜けたら塩をふり味を調えバットなどに出しておく。
6. 米2合に小さじ1のターメリクで炊いたライスを山型に置き、5の炒めたスイスチャード、4のベジキーマを盛る。生クリーム、水切りヨーグルトを混ぜたソースを添え、黒胡椒を散らす。

    産地・製造元

  • うさぎ農園 福岡直売店
    うさぎ農園 福岡直売店

    福岡市南区警弥郷3−19−18
    営業;月・水・金(時々土曜) 11:00〜17:00
    TEL080−4252−0430