たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

7月28日の放送内容

この季節にこの料理「鶏団子の冷やし餡かけうどん」

食欲がなくなるこの季節にピッタリの、サッパリ系冷やし麺。今回は、簡単で栄養バランスもバッチリ!一皿で完結できるレシピをご紹介。
メインは鶏団子。挽き肉に軟骨を加えるのがポイントだ。この一工夫で料亭の味に変身!?タネは粘りが出るまでこね、軟骨は粗く刻んで後から加えよう。つゆでふんわり煮た鶏団子と、赤いパプリカにオクラの緑。色彩でも食欲をそそる。オクラのとろみを生かしながら、お好みの固さに片栗粉で閉じ、冷たいうどんにかけて食べる。ショウガのすりおろし、万能ネギ、梅干、このサッパリ3トリオがさらに風味を添える!餡は麺にしっかり絡み、喉越しは抜群!何と言っても鶏団子のコリッコリの食感が、一味違う。つゆで煮ているので味が浸み込み、そのつゆには鶏の出汁で味に深みがでる。冷たくても美味しく、熱々にしてもまたウマイ。1つの鍋で簡単に作れて栄養満点。食欲のないときにぜひお勧めの逸品!

「とっておき」では、ありそうでなかったオクラの漬物が登場。その漬物は、福岡県桂川町の料理上手なお母さんから生まれた!?

★軟骨入り鶏団子の冷やしあんかけうどん

★軟骨入り鶏団子の冷やしあんかけうどん

材料

冷凍うどん
2玉
オクラ
6本
赤パプリカ
1/4個
梅干し
小4個
しょうがのすりおろし
2かけ分
万能ネギの小口切り
大さじ2
○たね
 鶏ひき肉
250g
 鶏軟骨
50g
 玉ねぎのみじん切り
1/4個
 酒
大さじ1
 塩
小さじ1/2
 片栗粉
大さじ2
○だしあん
 しょうゆ、みりん、酒
各大さじ2
 だし汁(かつお・こんぶ)
3カップ
 片栗粉
大さじ2
 水
大さじ3

レシピ

1、軟骨は叩いて粗いみじん切りにする。ひき肉と混ぜ合わせる。包丁で切るように混ぜる。ボウルにたねを練り混ぜ、粘りが出たら塩を加えてさっと混ぜる。
2、赤パプリカは斜めに細切りにする。オクラはガクをむいて塩をふり産毛を取る。サッと茹で輪切りにする。
3、つゆの材料を熱し、オクラ、赤パプリカ、1を片手で親指と人差し指の間から絞りだすように丸形を作り、ふんわりと3~4分煮る。途中、あくを引く。団子は一度取り出す。火を止めつゆに水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。再度火を入れて混ぜ、氷水で、冷やす。
4、冷凍うどんも茹でて冷水でしめて水気をきる。
5、うどんを器に盛り、鶏団子、冷やしたつゆをかける。しょうがのすりおろしをのせ、万能ネギをちらし、手でつぶし種を取り除いた梅をのせる。

    産地・製造元

  • ・販売:ど根性小町

    「お山のおくら」1袋270円
    福岡県嘉穂郡桂川町内山田114
    0948-65-2777