たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

8月25日の放送内容

夏こそどんぶり!④「隣のお家丼&手羽中焼鳥丼」

夏のどんぶりシリーズ、最終回は恒例“お家”どんぶり。視聴者の自慢の家庭どんぶりが登場する。1軒目の江島家は、ニンジン嫌いな家族が作る「ニンジン丼」!お母さんと3姉妹の息の合ったトーク!一家でワイワイ作る盛り盛りのニンジン克服レシピとは?2軒目の平山家は、野菜たっぷりの「夏盛り丼」。料理好きファミリーの鮮やかな野菜使い!料理上手ボーイズが画面のジェームスアナに突っ込みも?2つの家庭から飛びだした驚くようなアイデア丼に、コウさんも「やられた感が・・・」とたじたじ?
しかし、今回コウさんが披露する「お家丼」も、あっぱれレシピ!いつも、困った時にちゃちゃっとつくるという、タレ焼きの焼鳥丼だ。ポイントはズバリ「簡単、シンプルであること」。さっと作れて食べ応え十分!「鶏は手羽中が1番好き」というコウさんならではの、ダイナミックでシンプルな一杯だ。ヒミツは2種類のタレ!
第1のタレは浸けダレ。醤油をベースにオイスターソースやお酒、はちみつなどの常備調味料と、スライスしたニンニクを入れた濃厚な味。これに軽く漬け込んだあと、残った分は小鍋にかけてしっかり加熱。片栗粉でとろみをつけて、今度は「かけダレ」に変身させる。このダブル使いがミソ!第2のタレは、ごまマヨだれ。こちらはもう1つのかけダレだ。胡麻の風味とマヨネーズのコクの中に、生姜汁と酢でさっぱりと仕上げる。これも常備品を混ぜるだけとお手軽。手間と言えば、鶏の骨に沿って包丁で1本切り目を入れることくらい。あとは軽くタレに浸けてグリルで焼くだけ。フライパンではなくグリルを使うのが焼鳥の醍醐味。余計な脂は落ち、外はカリッと中はジューシー!肉は切り目を入れたおかげで味が染み込み、骨はスッと外しやすい。あとは丼に白ご飯、ありモノのレタスを添えて、たっぷり手羽中を…。上から濃厚の醤油ダレ、さっぱり風味のゴマだれをたらりと回しかける!で、卵黄を中央に…お好みで一味なんぞあればなお良し!鶏肉と常備調味料で簡単に手早く、しかもグッと本格的な焼き鳥丼があっという間に出来上がってしまう!それぞれのアイデアを詰め込んだ一杯の丼、今夜は何を作りますか?
この照り具合、タレ焼きのいい香り!芳ばしく焼けた鶏皮に、中はふっくらジューシーで肉汁がほとばしる。鶏と2つのタレ、さらに卵黄まで加わった三位一体!とにかく簡単で超絶品超満足!今からでも作りたい。コウ家おすすめ丼、いかがですか?
 

★手羽中焼鳥丼

★手羽中焼鳥丼

材料

鶏手羽中
12本
レタス
2〜3枚
温かいご飯
2人分
水溶き片栗粉
大さじ1
卵黄
2個
〇漬けだれ
 にんにくのうす切り
1かけ
 酒
大さじ2
 砂糖、はちみつ、オイスターソース、ごま油
各大さじ1
 しょうゆ
大さじ3
〇ごまマヨだれ
白すりごま
大さじ1
マヨネーズ
マヨネーズ
小さじ1
しょうが汁
小さじ1/2

レシピ

1. 鶏肉は骨に沿って1本切り目を入れる。ボウルに漬けだれを混ぜ合わせ、切り口を下にして手羽を漬け込み全体にしっかりともみ込む。時間は5分ほどで、途中裏返す。グリルに鶏手羽を汁けをきって並べ、10分強火で焼く。焼き終わったら粗熱をとる
(途中焦げるようならホイルをかぶせる)。
2. 残ったたれは小鍋に入れて強火にかけ、煮立ったら一旦火を止めて同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつける。ごまマヨたれを混ぜ合わせる。
3. 2を取り出して骨をはずす。器にごホカホカのご飯を盛って手でちぎったレタスをのせて、2をのせる。ごまマヨだれを回しかけ、3のタレもまわしかける。卵黄をのせる。一味を振りかける。