たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

9月1日の放送内容

定番家庭料理「塩麹レモン焼きそば」

今回は、定番の焼きそばを、さっぱりレモン風味に仕上げるアイデアメニュー。肉の代わりにイカ、麺には生パスタを使うことが特徴だ。イカは本体からの旨みも出るので焼きそばにはお薦め。意外と思われる生パスタは、モッチリとした食感が他の食材と良く合い、絡みも抜群だ。それをレモンの風味でまとめ上げる。要の調味料は塩麹。味付けは、ほぼこれだけでOK。スライスしたレモンにも、イカにもエビにもこの塩麹を塗り込んでおけば、素材のうまみがグッと広がる。野菜はキャベツより魚貝と相性のいいセロリを。あとはお好みだが、今回はプチトマトや赤ピーマンで彩を添える。炒めだしたら、そこからは一気!野菜、魚貝、レモンの順で全体を絡ませたら、生パスタの投入。生パスタは茹でるのが面倒と思われがちだが、3分程度と時間も短く茹で置きもOKなのでお手軽だ。しっかり焼き付けながら炒めるとキュッとモッチリ感が戻ってくる。ここで風味付けに醤油を少しだけ加えるのがポイント。香ばしさがプラスされる。仕上げにフリルレタスなどを盛り付けると完成!
レモンの風味が爽やかで生パスタと良く合い、サッパリとどんどんいける美味しさだ。人が集まる時にちゃちゃっと作って見せれば喜ばれること間違いなし!食材同士の相性の良さ、それらをまとめる塩麹のパワー、そして、炒めて食べる生パスタの新しい旨さを発見する。
コウさんがこの夏、祭りなどで焼きそばを食べ歩きながら、ふと、もっとさっぱり食べられないかなと考案した自慢のレシピだ。ソースではなく塩レモン風味に、そばの代わりに生パスタとい新しい発想!お手軽で新感覚の「塩麹レモン焼きそば」、是非お試しを。

塩麹レモン焼きそば

塩麹レモン焼きそば

材料

材料(2〜3人分)
国産レモン
1個
好みの塩麹
適宜
むきえび
10尾
イカの胴
1杯分
ピーマン、赤ピーマン
各1個
セロリ
1本分
プチトマト
8個
長ねぎ
1/2本
にんにく
1かけ
平打ち生パスタ
300g
オリーブオイル、醤油、
 リーフレタス、しょうがの千切り、青のり
各適宜

レシピ

1. レモンは綺麗に洗って、半分を薄く輪切りにする(半分は残しておく)。一枚一枚丁寧に塩麹を満遍なく塗り込み、そのまま置いておく。
2. イカの胴に格子状の切り込みを入れる。エビは縦半分に切り、共に塩麹を満遍なくまとわせる。
3. ピーマン、赤ピーマンは細切りにする。長ネギは薄く斜め切りにする。セロリは筋を取り、斜め薄切りにする。プチトマトはヘタを取り、半分に切る。
4. 2リットルの熱湯に、塩大さじ1を入れて生パスタを袋の表示通りに茹でてざるにあげておく。
5. フライパンにオリーブオイルを多めに熱し、長ネギとスライスしたニンニクを炒める。香りが立ってきたら、ピーマン、赤ピーマン、セロリを加えてさっと炒める。ここで2のイカとエビを加え、野菜をまとわすように炒める。
6. エビの色が変わってきたら1の塩麹レモンを加えて炒める。全体が馴染んできたら、プチトマトを加え、合わせる。エビの色が赤くなったら、具をフライパンの端に寄せてオリーブオイル。そこにさっとお湯にくぐらせた4のパスタを加えて、醤油を垂らす。麺をお好み具合に焼きつけ、全体になじませながら炒める。味を見て、お好みで追い塩麹で味を調える。
7. 6を大皿に盛り、ちぎったリーフレタスとしょうがの千切り。そして青のりを散らす。残しておいた半分のレモンを添え、直前に絞りいただく。