たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

10月20日の放送内容

この季節にこの料理 「こんがりウマウマ!豚ブロックと根菜の蒸し焼き」

 今回は、この季節の根菜を1番美味しく食べるために作ったレシピ。人参、ごぼう、レンコン、サツマイモ。いたってシンプルな秋の根菜を極上級に引き上げる!これらを引っぱる相棒は、存在感のある豚のブロック肉。ロースの塊をそのまま一緒に蒸し焼きするダイナミックさ。所々に包丁で切れ目を入れ、ローズマリーとニンニクを差し込んでおくのがポイント。火の通りが良くなるのと、切った時の味なじみがいい。さらに、フライパンで満遍なく焼き付け、旨味封じ。この豚の旨みがこのあと根菜に染み渡るのだ。人参とごぼうは長めの乱切りで断面を増やし、サツマイモは煮崩れしにくい縦長に、レンコンは見た目重視の輪切りだ。これらの切り方も重要。厚手の鍋に、層を作って重ね、何と水もささずにこのまま蒸し煮!弱火で40分程度で出来上がりという手軽さだ。但し、蓋を開けるタイミングはグツグツいってから。水分が少し飴色になるくらいがベスト、この見極めにご注目。蒸気で味がグッとまわり、根菜は豚の旨味をうんと吸ってとにかく甘い。そしてホクホク!レンコンなどは瑞々しくシャキシャキだ。豚はふっくらジューシーで柔らかく、脂までうまい。味付けはローズマリーと塩のみ、だけど根菜本来の旨味や甘みが豚の旨味と相まってポテンシャルは最高潮!切り方1つでこんなに味が入るのか、というまさに目からウロコの逸品。自信を持ってお薦めです。
 「とっておき」では、長崎県諫早市の唐比(からこ)レンコンが登場する。色白でシャキシャキ。そして糸を引く粘りが半端ない!このレンコン、実は「幻のレンコン」とも言われていた。その訳は・・・!こちらもお楽しみに。

★豚ブロック肉と根菜の蒸し焼き

★豚ブロック肉と根菜の蒸し焼き

材料

豚肩ロースかたまり肉
1本(約350g)
にんにく
2かけ
にんじん
1本
ごぼう
1/2本
れんこん
小1節
さつまいも
1本
塩、粗びきこしょう
各適宜
ローズマリー
4〜5本
オリーブオイル
大さじ2
粒マスタード
適宜
ローリエ
1枚

レシピ

1、 豚肉に包丁の葉先を刺して穴を空けてローズマリーをさす。塩大さじ1/2、オリーブオイルを全体になじませる。ところどころににんにくの細切り1かけ分を刺す。5分ほど休ませる。
2、 にんじんは皮つきのままよく洗い細長く乱切り。ごぼうは大きめの乱切りにする。れんこんは1cmの輪切り、さつまいもは皮付きのまま2等分し、縦に棒状に切りそろえる。
3、 厚手の鍋を強火で熱して1の肉を入れて全体をこんがりと焼く。一度取り出す。焦げたローズマリーは取り出す。
4、 ごぼう、にんじん、れんこんの順に入れ、つぶしたニンニク1片を入れたら肉を戻し入れる。サツマイモは最後に入れる。その上にローリエ、ローズマリー、塩適宜を入れて、ふたをして弱火で35~40分ほど蒸し焼きにする。
5、 25分ほどたったら様子を見る。その際ローズマリーと肉を取り出し、根菜を混ぜる。また肉を戻し、残りの15分蒸し焼きにする。加熱が足りなければ様子をみて追加で蒸し焼き。取り出して食べやすく切って器に盛り、塩、こしょう、オリーブオイルをふって、マスタードを添える。

    産地・製造元

  • 幻の唐比(からこ)レンコン
    幻の唐比(からこ)レンコン

    直売所「もぎたて市」
    0957-35-2717
    店内販売:500~1100円
    発送:3キロ3500円+送料