たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

12月1日の放送内容

ちゃんと作ればプロの味 定番家庭料理「出汁でいただく和風ハンバーグ」

定番家庭料理の代表格である「ハンバーグ」。今回はその第7弾!これまで、ふわふわ、ジューシー、プリプリ食感など毎回特徴のあるハンバーグを披露してきたコウさん。今回は既成概念を覆す進化系!?なんとNOビーフ、NOポーク、NO玉ねぎ!中には銀杏と根菜がザクザク!出汁に浸して食べる新感覚の和風ハンバーグだ。
使うのは鶏ひき肉!コツは、タネを少し柔らかめにこね、両面しっかり焼き付け蒸し焼きにすること。熱々の和風だしを上からたっぷりかけると、芳醇な旨みがたまらない!鶏で作るからつくねに近いかな?と思われがちだが、そこは断然ハンバーグ!ふっくらジューシーな食感、口の中でじゅわっと広がるあの感覚!ふんわり柔らかでボリューミー、なのにヘルシーなのが嬉しい。この季節の味覚を一包みにしたコウさんのオススメレシピだ。柔らかめに捏ね上げているので出汁の含みも抜群!また、出汁と一緒に食べる野菜もうまい。蒸し焼き前に焦げ目をつけて香ばしさを出すこと、タネの根菜を粗めに切って食感を生かすこと、トッピングの水菜や焦がしネギも重要な味のポイントだ。
寒さも本格的になってきたこの季節にぴったり!鶏の旨みたっぷりのハンバーグを出汁に浸して食べる新感覚!優しい味と暖かいスープが身も心も温めてくれること間違い無し!
 

★お出汁でいただく和風ハンバーグ

★お出汁でいただく和風ハンバーグ

材料

〇鶏ハンバーグ
 鶏ひき肉(もも)
300g
 人参
50g
 ごぼう
2/3本
 パン粉
大さじ4
 牛乳
大さじ2
 卵
1個
 銀杏
4〜5個
 塩
小さじ1
 砂糖、醤油、だし汁(カツオと昆布)
少々
 サラダ油
大さじ1
〇和出汁
 だし汁(カツオと昆布)
4カップ
 醤油、酒
各大さじ2
 みりん、砂糖
各大さじ1
〇つけあわせ
 人参
1/4本
 ごぼう
1/2本
 長ネギ
1/2本
 サラダ油
適宜
 水菜、白髪ねぎ、生姜の千切り、柚子胡椒、銀杏
各適宜

レシピ

1. 鶏ハンバーグを作る。人参は短い細切り、ごぼうも短いささがきにし、さっと油で炒めて砂糖、醤油、だし汁を加えて炒める。炒めたら粗熱をとり、軽く刻んだ銀杏、ハンバーグの全ての材料を混ぜて冷蔵庫で5分ほど寝かせておく。
2. だし汁を火にかけ、半月切りにした人参、食べやすい長さに切ったごぼう、
そして、フライパンでさっと焼いた長ネギを加えて味が馴染むまで弱火で煮る。
3.フライパンにサラダ油を熱し、小判形に成形した1のハンバーグの両面を焼き、水1/2カップを加えて蓋をして弱めの中火で4分ほど蒸し焼きにする。
3. 器に3のハンバーグ、3の野菜、刻んだ水菜を盛り、白髪ねぎ、生姜の千切り、柚子胡椒を添える。
4. 熱々の和出汁をかけていただく。

※料理名は「出汁」材料で使うときは「だし」と表記しています。