たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

1月26日の放送内容

この季節にこの料理「たらの辛汁」

今回は寒い季節にぴったり、「たらの辛汁」。コウさんが子供の頃から親しんできたという「テグタン」をべースにした、具沢山のスープだ。メインのタラ、そして牛肉、大根、豆もやし、春菊と、それぞれの持ち味を生かした至福の逸品。特徴は何と言っても何重にも美味さが重なり合ったスープ!味噌ベースに唐辛子やコチュジャンで味付けしたパンチのある辛味が食欲をそそる。ただ辛いだけではなく、辛さの中に甘みがあり、ジューシーでコクもある、一口ごとに違う味わいを発見する癖になる美味しさだ。そのポイントを少しだけ・・・。大根は米のとぎ汁で下ゆでし、味を入りやすくすること。メインのタラは塩を振って水分を拭きとり、後乗せすること。逆に、牛肉は1番最初に火を入れ、味付けしてから煮汁の材料を投入しよう。春菊は最後の最後で風味を生かす!手順を守れば煮込み料理はぐんと美味しくなる。昆布やニンニク、牛肉からも旨みや出汁がたっぷり!タマネギの甘み、生姜の爽やかさ!タラはふっくら旨味があり豆もやしはシャキシャキ!主張のある食材を味噌と辛味で上手に生かしたおかずスープ。一皿で大満足だ。体の内側からじんわりあったかくなる冬の超オススメレシピ!鍋として食べてもOK、是非ご家庭でも!

★タラの辛汁(テグタン)

★タラの辛汁(テグタン)

材料

取材食材:5色大根 田村農産
タラの切り身 
4切れ
牛肉の切り落とし
120g
大根
150g
豆もやし
1袋
玉ねぎ
1/2個
春菊
適宜
塩、ごま油
適宜
にんにくの薄切り
2片
醤油、酒
各大さじ1
○煮汁
昆布水
水3カップに昆布1枚
コチュジャン、しょうゆ、味噌
各大さじ2
 酒
1/2カップ
 しょうがのすりおろし
1かけ
 白すりごま
大さじ1〜2
 粉トウガラシ
大さじ1
 粉トウガラシ(粗挽き)
大さじ1

レシピ

①タラに強めの塩を振り、しばらくおく。
②大根は皮をむいてイチョウ切りし、かぶるくらいの米のとぎ汁で透き通るまで下ゆでしておく。
③タマネギは薄切りにする
④鍋にごま油を熱し、にんにく、牛肉を加えて中火で絡め、醤油、酒で下味をつける。
煮汁の材料を入れて煮立てる。
⑤豆もやし、玉ねぎを加えて弱めの中火で5~6分、
大根を加えて粉トウガラシを回しかけて5〜6分、
タラをのせて粉トウガラシ(粗びき)を回しかけ、さらに5〜6分ほど煮こむ。
コチュジャン(分量外)、塩、しょうゆで味をととのえる。
⑥火を止めて、春菊を手でちぎって加える。