たべごころ

Instagram

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

Facebook Twitter Instagram
食人ごころ
2月23日の放送内容

定番家庭料理「給食クリームシチュー」

冬の定番家庭料理、クリームシチュー!今回は、昔懐かしの「給食クリームシチュー」はいかが?子供の頃誰もが食べた、あの味。時折、ふと思い起こして食べたくならないだろうか?今回は「ジャガイモがごろっと…」や「意外な具材が…」なんてのはナシ!均一にカットされ、オーソドックスで一体感があるのが、給食のクリームシチュー。材料は、鶏肉、玉ねぎ、人参、じゃがいも、マッシュルーム。そしてベーコンは薄く刻んで出汁代わりに。生クリームも使わず、牛乳だからこそ出せる美味しさにこだわる。その秘訣は丁寧に作ること!?
 必要なのは2つの鍋だ。1つはルウ。といってもホワイトソースを作るわけではない。たっぷりの玉ねぎに小麦粉をしっかり絡め、いきなりバターで炒めて牛乳を注いでいくのだ。たっぷり1リットル、少しずつ、ゆっくりとろみがつくまで・・・。これがもうベースになる。このじっくりゆっくりが美味しさの秘密!もう1つの鍋では具を炒める。素材の旨みを封じ込め、そして"酒蒸し“に!炒めた後に日本酒で煮る、ここがポイント。ふっくら仕上がり、もうこれだけで甘い。最後に2つの鍋を合体、味をなじませて整える。やさしくてクリーミー。ブイヨンもストックも使わない。なのにこんなにコクがある!味付けは確かに塩のみ、なのにむしろ深い甘みが引き立つ不思議。素材の何かが特別に際立つわけではなく、角が取れてまろやか味わい。ニンジンの甘さ、じゃがいものホクホク、鶏の旨味、最後に入れたマッシュルームの香り!「あゝこれ、これ」と思わず声に出してしまう感動的な味!給食を意識して少し小さめにカットした具材が懐かしさをそそり、コッペパンと合わせて食べるとテンションも上がる。料理の行程はすごくシンプル!でも、ものすごく美味!じっくりしっかり加熱することでいかに旨みを引き出すか!食べる人の顔を思い浮かべゆっくりコトコト・・・煮込み料理は究極の家庭料理、ぜひご家庭でもお試しを。

★昔なつかし!「給食クリームシチュー」

★昔なつかし!「給食クリームシチュー」

材料

鶏もも肉
1枚
ベーコン
1枚
1カップ
玉ねぎ
1 1/2個
ジャガイモ
1個
人参
1/3本
マッシュルーム
8個
小麦粉
大さじ3
バター
30g
牛乳
1ℓ
塩、サラダ油
各適宜
コッペパン
2個

レシピ

1. 玉ねぎ1個を薄切りにし半量をボウルに入れ小麦粉の半量を絡める。
  残りの半量も同様に絡め、2〜3分置いてなじませる。
2. フライパンにバター30gを加えて中火で熱して溶かし、
玉ねぎを加えて炒める。
玉ねぎがしんなりしてきたら牛乳を少しずつ加えてその都度ダマにならないように
混ぜて伸ばし、弱めの中火で30分ほどじっくり煮詰める。
塩で味付けをする。
3. 鶏肉、人参は小さめ(1.5cm程度)のサイズに切る
ジャガイモは人参よりも少し大きく
マッシュルームは縦に4等分
玉ねぎ1/2 は2cm程度のざく切りに
ベーコンは細切りにする。
4. フライパンにサラダ油を熱し、3のマッシュルーム以外を炒めて塩をする。
酒を加えて蓋をして15分ほど蒸し煮にする。
5. 3にマッシュルームを加えて3.4それぞれを味見し
塩で味をととのえたあとに合わせさらに5~6分ほど煮る
6. 好みでロールパンと牛乳を添える。

    産地・製造元

  • 乾燥野菜「HOSHIKO」
    乾燥野菜「HOSHIKO」

    ・洋野菜ミックス 30g 648円
    ・玉ねぎスライス 15g 324円
    TEL:0120-083-177