たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

6月8日の放送内容

定番家庭料理「カリカリスパイシー韓国唐揚げ」

視聴者からの質問にコウケンテツさんが応える。連絡を頂いた韓国ドラマが大好きな米澤さん。ドラマに必ずと言っていいほど出てくる鶏唐揚げが、すごく気になっているそうで、カリカリでスパイシーな韓国唐揚げの作り方を教えて欲しいとリクエスト!!韓国へ調査に行くと、ビールと一緒に食べる食べる!!その味付けや種類もビックリするほど豊富。ビールとセットで食べることをチキンとメクチュ(ビール)の頭文字を取って「チメッ」という造語までできているそう!!
失敗知らず、誰が作っても“カリカリスパイシーな韓国唐揚げ”。その作り方は・・・鶏もも肉は少し大ぶりに切り、手羽は味がなじむように骨の間に切り込みを入れる。下味は、しょう油、塩、酒、しょうが汁にコチュジャン。そこにほんの少しのカレー粉で臭みが消える。さらにここで、ヨーグルト!!他のタレが絡みやすくなるのだ。揉み込んで、胡椒を驚くほどたっぷり。そして粉唐辛子とくれば韓国らしい唐揚げになる。 
今回のポイントは、二度揚げること。その衣も1回目と2回目で違う。第一の衣は、薄力粉、米粉(上新粉)、片栗粉に、なんとコーンフレーク!!韓国の唐揚げにはトウモロコシ粉が入っている場合が多い、そこでコーンフレークで代用!!ミキサーで砕いて、絡めていく。油の温度は170度、低めで4~5分揚げたあと、取り出して、同じ時間休ませることで余熱でジューシーさを出す。第二の衣は、第一の衣に、ほんの少しの粉唐辛子、カレー粉、塩、胡椒、しょう油を加える。さらに、水を加えるのがポイント!!天ぷらを揚げる感覚なのだ!第二の衣につけたら、今度は180~190度でからりと揚げる。一味唐辛子と黒胡椒をふりかけて完成だ!!

ビールに合う合う、もちろんおかずとしても申し分ない。失敗知らずのカリカリスパイシー韓国唐揚げ。 
驚くほどに音が出る、カリカリな食感を楽しみながら、召し上がれ!!

★カリカリスパイシー韓国唐揚げ

★カリカリスパイシー韓国唐揚げ

材料

材料(4人分)
鶏もも肉
2枚
手羽中
6本ほど
○下味
生姜汁
小さじ1
大さじ2
コチュジャン
大さじ1
ヨーグルト
大さじ2
カレー粉
ふたつまみ
粗挽き黒コショウ、粉唐辛子
適宜
醤油、塩
各適宜
○第一の衣
薄力粉
1/3カップ
米粉(上新粉)
1カップ
片栗粉
1カップ
コーンフレーク
1カップ
○第二の衣
第一の衣
適宜
カレー粉、一味唐辛子
各適宜
粗挽き黒胡椒、水、塩
適宜
醤油
適宜
揚げ油
適宜

レシピ

1. 鶏もも肉は少し大きめ(約60g)に切る。鶏手羽中は切り込みを入れる。下味を揉み込んでおく。
2. 第一の衣はミキサーにかける。
3. ミキサーにかけた粉を第一の衣のボウルに入れ絡める。
4. 揚げ油を170°に熱し、3を4〜5分ほど揚げる。バットにあげて揚げたのと同じ時間休ませる。
5. 第二の衣を混ぜる。4に絡めて180~190度の油で3分ほどからりと揚げる。
6. 一味唐辛子と粗挽き黒胡椒をふりかける。