たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

6月29日の放送内容

この季節にこの料理 「夏野菜たっぷりアジア風ぶっかけうどん」

夏野菜の美味しいシーズン!!大分県の「さとう有機農園」は、まだオーガニックという言葉が一般的ではなかった24年前から、農薬を一切使用せずこだわりの有機野菜を作っている。佐藤俊徳さんの元に有機農法を学びたいという若者が、全国から集まっている。佐藤さんは、関東の農業法人で働いていたが、24年前に実家宇佐市にUターン。生物が多い土地には、生命力が強い野菜が育つと完全無農薬栽培を始めた。今最も旬なのが、ズッキーニ。1日500~700本の収穫がある。みんな一緒の昼ごはんにも、ズッキーニが!!今日は、ズッキーニのチーズ焼きとスープ。
ズッキーニ等、夏野菜を使ってコウケンテツさんが作るのは「アジア風ぶっかけうどん」。食欲の無い日にもスルっと食べられる、ちょっとだけスパイシーなアジア風うどん!!作り方は、フライパンにたっぷりの油で牛肉を炒める。ポイントは、油をたくさん使うこと!!旨みや素材の良さを引き出す。塩、カレー粉を振り、玉ねぎ、赤・黄ピーマンを2~3cm角に切って炒める。玉ねぎが透き通ってしんなりしてきたら、同じく2~3cm角に切ったトマト、インゲン、ズッキーニ、半月切りしたナスを加え炒める。水を加えて10分ほど煮て、塩で味を整える。小口切りしたニラを加えてさっと煮る。うどんを茹でて水気を切り、器に盛って、野菜をかける。パセリと胡椒をちらして完成!!
中央アジアでは、ラグマンという麺料理が体力増進のスタミナ食になっている。ラグマンに負けない夏を乗り切る麺料理!!。一年で一番野菜の色がきれいな時期ならではの、華やかなアジア風ぶっかけうどん、一度試してみては。

★夏野菜たっぷり!アジア風ぶっかけうどん

★夏野菜たっぷり!アジア風ぶっかけうどん

材料


冷凍うどん(細麺)
2~3玉
牛肉(切り落とし)
300g
玉ねぎ
1個
パプリカ(赤・黄)
各1/2個
ズッキーニ(緑・黄)
各1/3本
ナス
1/2本
トマト
2個
ニラ
1束
モロッコインゲン
1束
※トマト以外はお好みの野菜でOK!
200ml


○スパイス
 カレー粉
大さじ1
 サラダ油
大さじ4
 塩、粗挽き黒胡椒、パセリ(粗みじん切り)
各適宜

レシピ

1. 玉ねぎ、パプリカ、トマトは2〜3㎝角になすとズッキーニは半月切りに切る。
2. フライパンにサラダ油を熱し、牛肉をさっと炒める。塩小さじ2、カレー粉大さじ1で味付けをし、
  玉ねぎとパプリカを加えて炒める。玉ねぎがしんなりとしてきたら、なすとズッキーニ、そのあとにトマト、
  4等分に切ったモロッコインゲンも加えて炒め合わせる。
3. 野菜の色が変わらない程度に火を通したら、水を加えて弱めの中火で
  10〜15分ほど煮る。
  この時に味をみて足りないようであれば塩で味をととのえる。
4. 最後に小口切りに切ったニラを入れてさっとひと混ぜしたら、ゆでたうどんを器に盛り、
  3をかけてパセリをたっぷりちらし、粗挽き黒胡椒をちらす。

    産地・製造元

  • 問い合わせ
    問い合わせ

    さとう有機農園
    0978−32−0734