たべごころ

Instagram

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

Facebook Twitter Instagram
食人ごころ
7月27日の放送内容

産地を訪ねて 佐賀・伊万里 「きゅうりを炒めて!夏のキーマカレー」

夏、みずみずしいきゅうり。サラリーマンから就農した伊万里市中山道徳さんは、きゅうりの育つ環境を大切にして、きゅうりを作っている。温度、湿度、光の量等、センサーで管理して、きゅうりに心地よい環境を作ることで美味しく、収穫量も多くなる。 実は、中山さん以前の職業は、自動車整備士。パソコンを駆使して、環境制御をしている。さらに、新たに取り組んでいるのが、きゅうりの水耕栽培。養液を水と一緒に与えて土を使わず栽培する。土の栽培だと収穫後、日光消毒するため3ヶ月ほど畑を空けないといけない。その期間もきゅうりを栽培することで、収穫量をさらにあげたいと考えている。
 きゅうりを使ってコウさん特製の濃厚豚炒めカレーを作る。作り方は、1本を輪切りにし塩もみにしておく。もう1本は、縦半分に切り、種を取り除く(残しておいて後で使う)。さらに半分に切り、さらに横2センチ幅に切る。長ネギ、ミョウガは、2センチ幅に切る。フライパンにサラダ油を熱し、荒く叩いた豚肉を塊のまま乗せて、両面をこんがりと炒める。軽く塩、胡椒をしていったん取り出す。残った豚の脂で縦に切ったきゅうりとネギを強火でさっと炒め、軽く塩をして取り出す。豚の旨みをきゅうりとネギに混ぜ合わせる!!豚肉を戻し入れ、プチトマト、カレー粉、砂糖、酒、しょう油、そして味噌を加える。ここがポイント!!きゅうりのみずみずしさに負けない、相性のいい味噌で味を引き締める。塩もみきゅうりの水気を切り、その水をフライパンへ。取り除いた種と炒めたきゅうりとネギを入れてミョウガを加えてさっと炒める。塩もみきゅうりに、酢、砂糖と合える。ターメリックライスに盛って、塩もみきゅうりを添えて完成!!夏にさっぱり美味しい!!濃厚豚炒めカレー、中山さんご家族一緒に頂きます。

*内容は変更になることがあります

★きゅうりの濃厚豚炒めカレー

★きゅうりの濃厚豚炒めカレー

材料


材料(2人分)
きゅうり
2本
豚バラ薄切り肉
200g
長ネギ
1/2本
にんにく、生姜のみじん切り
各1/2かけ
カレー粉
大さじ2

<合わせ調味料A>
 砂糖
大さじ1
 酒、醤油、みそ
各大さじ1・1/2
プチトマト
10個くらい
ミョウガ
2〜3個

<甘酢B>
 酢
大さじ2
 砂糖
大さじ1
サラダ油、塩、粗挽き黒胡椒
各適宜
ほかほかのターメリックライス
茶碗2杯分


レシピ

1. きゅうり1本は輪切りにし、塩もみをして置いておく。残り1本は縦半分に切り、
  タネを取り除く(タネは残しておく)。さらに縦半分に切り、横2センチ幅くらいに切る。
2. 長ネギ、ミョウガは2センチ幅くらいに切る。豚肉は粗く叩く。
3. フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を塊のまま乗せて、両面をこんがりと炒める。軽く塩をして一旦取り出す。
4. 続けて残った豚の脂できゅうり、ネギを強火でさっと炒め、軽く塩をして取り出す。
5. 豚肉を戻し入れ、カレー粉、プチトマト、合わせ調味料Aを加えて炒める。

    産地・製造元

  • 問い合わせ
    問い合わせ

    JA伊万里果樹園芸流通センター
    0955−23−5560
    伊万里市大坪町883−1