たべごころ

Instagram

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

Facebook Twitter Instagram
食人ごころ
1月11日の放送内容

小豆粥

 正月食べ過ぎてお腹も身体も重たい巧くん。みかねたコウケンテツさん、胃にやさしいコウさん流「小豆粥」を作ります。
 作り方は、米を洗い30分ほど水につけておく。小麦はさっと洗って圧力鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで火にかける。煮立ったらお湯を捨て(茹でこぼし)、水を加えて15分ほど加熱する。この間に水キムチを作る。大根は短冊切り、リンゴは5ミリのいちょう切りにする。大根をボールに入れて 塩を加えまぜて10分ほど置く。鍋に米の研ぎ汁を入れ、はちみつ、にんにく、赤唐辛子を入れてひと煮してボールに移して冷ます。大根は汁気を切って入れ、リンゴ、レモンを加え、酢と生姜、リンゴの絞り汁を混ぜ合わせて冷やす。小麦を煮た圧力鍋に米を加え10分をど加圧する。この間に、白玉団子を作る。白玉粉を指でつぶし、生姜汁、水を加えひとかたまりになるまでこねる。食べやすいサイズに丸め、熱湯で茹でて取り出し、水につける。加圧鍋を開け、水を足し、好みでバーミックスで撹拌する。砂糖と塩で味を整え、白玉の水気を切って、浮かべて完成‼
ちょっと塩気が有って、小豆の本来の味がする。身体にしみ込んで入っていく感覚。白玉が絶妙‼水キムチは、大根のさわやかさですっきりする。元気になってくると巧くん。
 また、1日最高500個を売り上げたたい焼き屋、大名の「博多ひいらぎ」を紹介。こだわりはバリっとした皮と手作りの餡子。つぶ感が味わえて、どこを食べても美味しい‼

小豆粥

小豆粥

材料

材料 2~3人前

小豆 
1カップ
塩・砂糖
小さじ1
米 
1/2合

○白玉団子
 白玉粉
50g
 しょうが汁
小さじ1
 水
大さじ3~4ほど


○即席水キムチ
 大根
100g
 お米のとぎ汁
2カップ
 はちみつ
小さじ2
 にんにく
1かけ
 赤唐辛子
2~3本
 塩
適宜
○即席水キムチの味付け材料
 しょうがのしぼり汁
小さじ1
 酢
小さじ1/2
 りんご
1/4個
 レモン
2~3枚
 りんごのしぼり汁
1/4個分

レシピ

小豆粥作り方
1. 米は洗って30分ほど水につけておく。
2. 小豆はさっと水洗いして鍋に入れ、かぶるくらいの水を注いで火にかける。煮たったらお湯を捨て、水3カップを注ぎ、強火で圧をかける。シリンダー上昇など合図を確認して弱火にし、15分ほど加圧する。水や濡布巾などで急冷するとさらに時短になる。
3. 2に洗った米と水1カップを加えて、10分ほど加圧する(同様に始め強火、のち弱火で)。急冷後、砂糖と塩で調味する。水を加えながらバーミックスなどで攪拌して好みの滑らかさにする。

白玉団子作り方
1. 白玉粉を指で潰し、生姜汁、水を加えてひとかたまりになるまでこねる。しばらく置いて生地をなじませる(約10分)。
2. 食べやすいサイズに丸め、熱湯で2〜3分ほど茹でて取り出し、水につける。
3. 水気を切って小豆粥に浮かべる。

即席水キムチ作り方
1. 大根は短冊切りにする。りんごは5mm幅のいちょう切りにする。
2. 大根をボールに入れて塩揉みをして、10分ほどおく。にんにくはつぶす。
3. 鍋に米のとぎ汁を入れて煮立て、はちみつ、にんにく、唐辛子を入れてひとにしてボウルに移して冷ます。大根は水分を切り、味付けの材料も加える。塩で味を調え、冷蔵庫などで冷やし、汁ごといただく。

    産地・製造元

  • 博多ひいらぎ
    博多ひいらぎ

    福岡市中央区大名2−4−38 1階
    092−725−3783
    たいやき 1個180円