たべごころ

Instagram

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

Facebook Twitter Instagram
食人ごころ
2月29日の放送内容

角田光代さんを迎えて「ポルトガルの豪華鍋 カタプラーナ」

「八日目の蟬」や「紙の月」など数々の名作を世に送り出している作家・角田光代さんがゲスト‼コウケンテツさんに絶対失敗しないパーティ料理をリクエスト。コウさんは、ポルトガルで漁師に教わった豪華鍋料理を作ります。
 ポイントは、まず野菜をじっくり炒めること。甘味を出すため10分ほど炒めます。もうひとつ、鍋にエビとムール貝を入れる際、縦に入れること。エビは丸めて頭を下にして、ムール貝も細長い方を下にして入れます。ダシの出方が違うそうです。
 料理をよく作るという角田さん。旦那さんが、豆腐やモヤシ、タラ等白いものが好きで、脂ギトギトの豚肉などは食べられないそうで、 それに合わせた夕食を作るとか
ポルトガルの豪華鍋カタプラーナの味は、魚介のダシがすごいと角田さん。じっくり炒めたパプリカがそれをマイルドにしている。パーティ料理は肉が多く、なかなか魚介はレシピがないが、これはおススメ‼

カタプラーナ

カタプラーナ

材料

材料 3~4人前


タラ
3切れ
あさり
200g
ムール貝
6個
有頭えび
6尾
玉ねぎ
1個
赤・黄パプリカ
各1個
ピーマン
2個
にんにく
1個
トマトの水煮(缶詰)
200g
白ワイン
1/2カップ
ローリエ
2枚
タイム、ローズマリー
各2〜3枝
オリーブオイル、パプリカパウダー
各適宜
イタリアンパセリ
適宜
塩、粗びき黒コショウ
各適宜

レシピ

1. タラは塩、オリーブオイルをまぶし、タイムを加えて10分ほどおく。
2. 鍋にオリーブオイルを熱し、薄切りにした玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、
にんにくを入れてじっくりと炒める。
3. 野菜のカサがしんなりしたところでローリエ、白ワイン、トマトの水煮を
加えて炒め合わせたところで軽く塩をふる。
4. 魚介をすべて並べ、塩とパプリカパウダーをふったら
蓋をして10〜15分ほど蒸し煮にする。
5. 仕上げにたっぷりのイタリアンパセリをちらし、ローズマリーを添て
粗びき黒コショウを振り、オリーブオイルを回しかける。
6. 器に盛りつけてから塩ゆでしたじゃがいもを添える。