手あらいダンスとは?

感染症対策としての「手あらい」が重要となっています。
シャボン玉石けん(株)では、身近な感染症対策である
「正しい手あらい」の覚え方として「シャボンちゃんの手あらいうた」を制作、
インターネットでの公開や幼稚園などでの展開を行ってきました。

RKB毎日放送(株)では、このシャボン玉石けん(株)の取り組みをさらに広め、
「手あらいうた」を楽しく覚えられるようにと、
振付師のSAKiさんに協力を頂き「手あらいダンス」を考案しました。

個人や企業の皆様に、この歌と踊りで正しい手あらいを覚えていただくとともに、
感染症とたたかう皆様をシャボン玉石けん(株)とRKB毎日放送(株)は応援します。

RKB「ソコトラ」(月・水・金9:55~10:25)では「手あらいダンス」動画の投稿を募集しています。
なお、番組に採用された方には、シャボン玉石けん商品をプレゼント!
皆様からの動画投稿をお待ちしています!

踊り方

ワンポイントアドバイスby 振付師 SAKiさん

SAKiさん
てのひら
1

てのひら

手のひらを押しあいながら、上下に動かしていきます。
足はしっかりと前に踏み込んで、真ん中に戻ったら屈伸を大きくやりましょう。

洗い方のポイント

まずしっかりと手をぬらし水だけで洗ったあと、石けんをつけます。
右と左の手のひらを合わせてこすります。

てのこう
2

てのこう

手の甲側の指の間を反対の手でこすります。
足は横に開いて体重をのせていきましょう。

洗い方のポイント

手の甲に反対側の手をのせ指の間とともに手の甲をこすります。

たにま
3

たにま

手を合わせて、前と上に動かすときは肩甲骨を意識して
できるだけ遠くまで伸ばしましょう。
指の谷間を合わせて細部まで手洗いしていきます。

洗い方のポイント

右手と左手の指を交互に交差させて指の谷間(付け根)を
しっかりこすり合わせます。

ゆびさき
4

ゆびさき

片手の指先をボールを掴むように曲げていきます。
反対の手に当てて回すように洗いながら、足はボックスステップです。
右足の次は左足を前からかけます、そのあとは右足をうしろに下げて左足も後ろに下げます。
できそうでしたら反対もチャレンジしてみましょう!

洗い方のポイント

片方の手をかるく握り、指先をたてて指先を反対の手のひらでこすります。

おやゆび
5

おやゆび

手を一番前まで伸ばして、ハンドルを掴むように親指を握ります。
重心は右足にかけて、リズムよく弾んでいきましょう。
ゆっくり2回、早く3回、弾んでいきます。

洗い方のポイント

反対側の親指をしっかりと握り、包んだ手の中で親指をまわします。

てくび
6

てくび

左手で右手首を握って、右手は表と裏にひねっていきます。
ゆっくり2回ずつです。足も手首も交互にやっていきましょう。
掌のとき、同様、足は屈伸運動を意識しましょう。

洗い方のポイント

反対側の手首をしっかりとにぎり、右左に手首をまわします。

手のひら、手のこう、たにま、ゆびさき、おやゆび、てくび
7

手のひら、手のこう、
たにま、ゆびさき、
おやゆび、てくび

ここは少しだけ早い動きになるので、頭の体操ですね!
今までやった、掌→手の甲→谷間→指先→親指→手首と順番に触っていきます。
声にだすとよりやりやすくなりますよ。

すみずみまでしっかり!
8

すみずみまでしっかり!

洗い方のポイント

特に親指の付け根や指先は洗い残しが多い部分なので意識して洗いましょう。

水でながす
9

水でながす

洗い方のポイント

たっぷりの水をながしながら、せっけんの泡がのこらないよう洗い流しましょう。

しっかりふく
10

しっかりふく

洗い方のポイント

きれいなタオルやペーパータオルなどで、拭き残しのないよう水分をふきとります。

おしまい!
11

おしまい!

ラストスパート!
上から4回手を振っていきます。
お水を払うイメージだと分かりやすいです。
手首をしっかり曲げて掌、手の甲をみせたら両手を胸の前で重ねて、顔の周りをキラキラさせましょう。
この時はしっかりといい笑顔で(^^)
最後はキメポーズ!