ピラミッドの真実!5000年の封印を破る鍵は太陽の船と科学とツタンカーメン

ピラミッドの真実!5000年の封印を破る鍵は太陽の船と科学とツタンカーメン

2022年12月4日日曜 15:30

番組概要

人類最大のミステリーともいえるピラミッド。
ツタンカーメンや、ピラミッドの横に埋蔵されていた太陽の船に謎を解くヒントがあった。様々な角度からピラミッドの真実に迫る。

エジプトのギザにある3大ピラミッドのなかで最も大きいのが、クフ王のピラミッドだ。高さおよそ150メートルもある巨大な建造物は、これまでクフ王の墓だといわれてきた。しかしエジプト考古学者の吉村作治さん(東日本国際大学総長)は、墓ではないと断言する。ではいったい、ピラミッドは何なのか。番組では人類最大のミステリーに迫る。

ピラミッドの謎を解く鍵のひとつが太陽の船だ。吉村さんが本格的に太陽の船を発掘し始めたのが2011年。ピラミッドの横から発掘された太陽の船にはクフ王の名前など多くの文字が記されていた。船は何のために作られたのか、文字を解明することで分かったクフ王との関係性とは何なのか。

今年はツタンカーメンの墓が発見されて、ちょうど100年にあたる。クフよりも1000年以上後の王であるツタンカーメンにもピラミッドの謎を解くヒントがあるという。吉村さんはツタンカーメンの棺に注目して、そこからある結論を導き出す。
また謎を解くための科学的な分析にも着手している。電磁波を使ってピラミッド内の空間の有無を調べるなど最先端の調査の模様も紹介する。

エジプトでは去年、文明博物館が開館した。吉村さんは文明博物館を訪問し、展示されている貴重なミイラについて解説している。番組では最新のエジプト情報も交えてお伝えする。

ナレーションは、女優の新妻聖子さんが担当する。エジプトに行きピラミッドも見たことがあるという新妻さんは、エジプトを舞台としたミュージカル「王家の紋章」に出演経験もある。情感を込めた美声で番組を彩ってくれる。

出演者

吉村作治

東日本国際大学総長
早稲田大学名誉教授・工学博士
専門はエジプト美術考古学・比較文明学
1966年、アジア初のエジプト調査隊を組織し、発掘調査を始めてから約半世紀にわたり調査・研究を続けている。
1974年のルクソール西岸魚の丘彩色階段の発見により一躍注目され、その後も200体のミイラ、太陽の船、未盗掘墓の発見等、エジプト考古学史上に数多くの足跡を残している。
公式HP:吉村作治のエジプトピア

ナレーター

新妻聖子

大学在学中の2002年、TBS「王様のブランチ」でタレント活動開始。2003年、5000倍のオーディションを勝ち抜き、初舞台でミュージカル「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役を演じる。続くミュージカル「ミス・サイゴン」ではヒロインのキム役を演じ、豊かな声量と表現力で来日した海外スタッフからも絶賛された。
第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞、第7回岩谷時子賞奨励賞を受賞。
2010・11年と2年連続でミュージカル誌が選ぶ女優部門第1位を獲得。
EX「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1 決定戦」6連覇を達成。
数々の舞台でヒロインを務めミュージカル界屈指の歌姫として第一線で活躍し、近年ドラマやバラエティ、歌番組等にも多数出演。