新九州遺産

新九州遺産

終了番組

番組概要

残したい。九州沖縄の原風景。

太古の時代から“文明の風”が吹く九州沖縄。大陸や南方から海を渡って人や物が行き交い、独自の文化を形成してきました。国の成り立ちを物語る数々の古代遺跡群。歴史、風土に根差した伝統と暮らし。悠久の時の流れを感じる文化遺産が、今も各地に残っています。

九州沖縄には、心を解き放ってくれる大いなる自然があります。黒潮が運ぶ豊かな海。四季折々に変化をみせる九州山地。緑深き原生樹林や清らかな渓流。長い歳月をかけた大自然の造形美は、多くの人の心を癒やします。

JNN九州沖縄7局は、かけがえのない郷土の遺産をテーマに、2006年から2018年にかけて、「新九州遺産」全84本を放送しました。 未来に伝えたい自然、歴史、伝統、文化。
JNN九州沖縄7局共同企画「新九州遺産」はデジタル時代にふさわしい、永続性のあるコンテンツです。迫力あるハイビジョンの映像にのせて、九州沖縄の美と感動が広がります。

RKB毎日放送(RKB)制作

祭り彩る博多

古来、大陸への玄関口としての役割を果たしてきた港町、博多。豊臣秀吉が戦で荒廃した博多の復興に直々に乗り出すなど、その地理的重要性は大きく、貿易、海上交通の拠点となり、商都として発展してきた。
そんな多くの文物、人種が行きかった博多では、独自のユニークな文化、気風が花開いた。
特に博多らしさを体現するのが祭り。初夏の博多どんたく港祭り、夏の博多祇園山笠は目立ちたがりで陽気な博多っ子気質が遺憾なく発揮される場だ。博多っ子は祭りによって人、町とのつながりを強め、愛着を深める。祭りにかける思いとエネルギーは大きく、日々の暮らしと切り離せない。また博多人形など、祭りに深くかかわる工芸品も花開いた。
博多どんたく、博多祇園山笠、そして筥崎宮放生会――博多の三大祭りを中心に、四季の彩りをつづる。

各局での放送日

RKB
12月29日(日) 9:54~
NBC
12月31日(火) 6:55~
RKK
1月4日(土) 5:50~
OBS
12月31日(火) 6:50~
MRT
1月2日(木) 9:00~
MBC
1月2日(木) 6:00~
RBC
1月3日(金) 6:00~

※番組の内容と放送時間は変更になる場合があります