たべごころ

たべごころ

土曜 17:00
  • Facebook
  • Instagram

番組概要

コウケンテツのステキなおうちにやってくる巧くん。
そのお目当てはおいしいおいしい料理たち!

時には単純に「おいしいものが食べたい」。
時には「こんな料理を教えて欲しい!」。
時にはゲストもお招きして一緒にお料理。

コウさんが時折見せるおちゃめな表情も、
巧くんとの微妙な距離感トークも、良いエッセンス!?

さぁ、今週はどんなお料理が登場するのでしょう。

プレゼントキャンペーン

たべごころではInstagramを使用してプレゼントキャンペーンを実施しております。
ご希望のお客様は、番組公式Instagramよりご応募お願い致します。

 

次回の放送予告

ヘルシー!満足!!野菜丼

人気の丼ぶり物だが一品ではどうしても栄養バランスが偏りがち。
そこでコウさんの提案は丼ぶり1つでバランスよく食べられるヘルシーバランス丼。
丼ならではのガッツリ感を残しつつ、バランスよく野菜をあしらい、なおかつ卵の使い方がポイント。半熟を混ぜ混ぜ味変しながら食べるので飽きずに食べられる!
Today’s Choiceは去年誕生したスイーツ「佐賀ドーナツ」
佐賀県産のいちご、嬉野茶、はちみつを使った3種類のかわいいドーナツ。
これを作ってるのが・・・なんと創業大正13年、老舗の蒲鉾屋さん!
なぜ蒲鉾屋さんでドーナツ?

今回の放送内容

食べたら海外旅行気分!シンガポール風ラクサ

GWも終わり…こんなご時勢だから、家メシで海外旅行気分を味わって頂くように、シンガポール風のカレーヌードル・ラクサに挑戦!東南アジアの国々で食べられているソウルフードだ。

コウケンテツさんがシンガポールで食べたラクサは、米粉麺と卵麺のW使いだったという。
本場では好みの麺を選べて「ミックス」という選択肢もある、という事で今回はW使いに決定!

味付けのポイントは、多民族国家のシンガポールらしく、いろんな国々の食材や調味料を重ねて旨味を増すことだ。ネギ類は白ネギの他に、カレー味にあう玉ねぎも使う。

鶏やエビを具に、豆板醤、ナンプラー、カレー粉、ココナッツミルク、油揚げなどを重ね入れ多国籍な味わいに仕上げる。隠し味の酸味には梅干しを使うのがコウさん流だ。
2種類の麺に絡む滋味深いカレースープで、プチトリップ気分を味わおう。「today`sChoice」は、手作りコーラキット。スパイスやかんきつ類を煮て、砂糖を加えるとコーラの原液が出来るという。コウさんと佐藤巧アナ、うまく作ることが出来るのか?

材料

材料(2人分)
ちゃんぽん麺
1玉
ビーフン
100g
鶏もも肉
1枚
○スパイシーペースト
長ネギの白い部分
1本分
玉ねぎのみじん切り
1/2個
ニンニク、生姜のみじん切り
各1かけ
豆板醤
小さじ2
トマト
小1個
カレー粉
大さじ2
砂糖
大さじ1/2
梅干し(種をとってたたく)
1個
ナンプラー
大さじ1
1/2カップ
3カップ
ココナッツミルク
100g
油揚げ
1/2枚
むきえび
8尾
○トッピング
もやし
50g
ゆで卵(半分に切ったもの)
1個
万能ネギの小口切り、バジル
適宜
ミョウガ
2個
サラダ油、塩、粗挽き黒胡椒
各適宜

作り方

1. フライパンにサラダ油を熱し、長ネギ、玉ねぎ、ニンニク、生姜を炒める。

2. 鶏モモ肉は2センチ角ほどに切っておく。

3. 豆板醤、2の鶏肉を加えてさっと混ぜ、トマトの角切り、カレー粉、砂糖、
塩小さじ1、叩いた梅干し、ナンプラー、酒を加えて炒める。

4. 水3〜4カップを加えて煮る。

5. 刻んだ油揚げを加えて馴染むまで煮る。

6. むきえび、ココナッツミルクを加えて塩・ナンプラーなどで味をととのえる。

7. 麺とビーフンを茹でて(もやしもさっと茹でる)、器に盛り、4をかける。

8. トッピングをたっぷりのせて、しっかり混ぜていただく。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

出演者

コウケンテツ
大阪府出身。旬の素材を生かした簡単でヘルシーなメニューを提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍。プライベートでは3児の父親として日々子育てに奮闘中。親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動に力を入れている。著書は、「おやつめし」(クレヨンハウス)、「弁当」(講談社)「コウケンテツのおやこ食堂」(白泉社)など多数。
佐藤 巧
大分県別府市出身、男三兄弟の三男。野球に打ち込み、毎日泥だらけになりながら白球を追っていた。現在、ホークス野球中継はもちろん、ラジオ「カリメン」等、活躍の場を広げている。料理はたまに作る程度と言うが、番組に関わりだして劇的変化が!
三好ジェームス(ナレーション)
ニュージーランド人の父と香川県出身の母を持ち、沖縄県石垣島で生まれ育つ。様々な文化に培われたちょっと異色な陽気キャラが、コウさんとのコンビネーションに化学反応を起こした。2代目アシスタントとして活躍。実は、同じ左利き、同じ誕生日と、コウさんと意外な共通点を持つ。2019年10月からは、ナレーターとして番組を支える。