RKB毎日放送株式会社

スタジオ見学

RKB毎日放送は、全国で4番目、九州では初の民間放送局として1951年に開局しました。
以来60余年にわたり、テレビ・ラジオという強力な電波メディアを通し、 地域の情報・文化をリードする役割を担いエリアの視聴者の根強い評価を頂いています。
2016年4月1日をもって認定放送持株会社(株式会社RKB毎日ホールディングス)へ移行し、放送事業は新生・RKB毎日放送株式会社が引き継ぎました。
放送会館は、博多湾を望む「シーサイドももち」にあります。
隣接する福岡タワーとは対照的に、南北方向125メートルの長大なスケールで、横の動線を最大に生かした設計となっており、
1,600平方メートルの無柱空間を実現しました。
建物の概要は、地上8階、地下1階、延床面積は、約2万5,400平方メートルで、
2つのテレビスタジオにニューススタジオ、4つのラジオスタジオなどを備えた施設です。

スタジオ見学ご希望の方はこちら