RKB NEWS


先月、福岡県大野城市のショッピングセンターで、万引きをしたとみられる男が警察官から拳銃を奪って発砲した事件で、警察はきょう、男を強盗殺人未遂の疑いで再逮捕しました。

「弁解することはない」などと供述しているということです。

この事件は先月20日、福岡県那珂川町の無職・野村賢治容疑者(44)が、大野城市のショッピングセンターで酒などを万引きしたとして保安員の男性(62)に逮捕された際、駆けつけた警察官から拳銃を奪って発砲したものです。

銃弾は人には当たりませんでしたが、保安員の男性が拳銃から出た破片で顔にけがをしました。

警察は、拳銃を奪ったことが強盗にあたると判断したうえで、保安員の男性と警察官に向けて発砲した行為には殺意があったとして、きょう、野村容疑者を強盗殺人未遂などの疑いで再逮捕しました。

取り調べに対し、野村容疑者は「私には弁解することはありません」と供述しているということです。

警察は、犯行の動機や当時の状況について、さらに詳しく捜査する方針です。