RKB NEWS


北九州市の産婦人科医院で、おととし、不妊治療で誤った処置をして30代の女性を死亡させたとして、警察が、院長ら3人を近く書類送検する方針を固めたことがわかりました。

医療事故が発覚したのは、北九州市八幡西区にある「セントマザー産婦人科医院」です。

捜査関係者によりますと、おととし11月、不妊治療で通院していた30代の女性が、卵管のつまり具合などを確認するために全身麻酔をしたうえで手術を受けました。

その際、当時の担当医師が卵管に気体を送り込んだところ容体が急変し、女性は、およそ3週間後に死亡したということです。

警察は、大量に送った気体の一部が血管に入り込んだ疑いがあるとみて、担当医師と、男性院長らあわせて3人を近く、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針です。