RKB NEWS


きのう夜、福岡県宮若市で、道路を横断していた73歳の男性が、軽乗用車にはねられ死亡しました。

男性は、横断歩道ではないところを渡っていたということです。

きのう午後7時ごろ、宮若市下有木の片側1車線の県道で、道路を歩いて横断していた男性が、軽乗用車にはねられました。

はねられたのは、近くに住む無職の原田覺哉さん73歳で、病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、まもなく死亡が確認されました。

現場は横断歩道ではないところで、ゆるやかなカーブになっていて街灯も少ないため、夜は見通しが悪いということです。

警察は、軽乗用車を運転していた37歳の会社員の男性から詳しく話を聞くなどして、事故当時の状況を調べています。