RKB NEWS


イルカショーなどでおなじみの「マリンワールド海の中道」が10月から、一時休館することになりました。

老朽化に伴う改修工事を行い来年4月のリニューアルオープンをめざします。

今年10月3日から一時休館するのは福岡市東区にある水族館「マリンワールド海の中道」です。

1989年の開館以来、多くの人に親しまれこれまでにおよそ2000万人が訪れていますが、施設の老朽化のためおよそ34億円をかけて改修・改装工事を行うことになりました。

水槽やショーステージなどを大幅に変え、リニューアル後は、「癒やし」に重きを置いたリゾート色の強い施設になるということです。

●マリンワールド海の中道岡村卓也社長
「27年半の歴史の第1幕を閉じる。残された最後の2か月間の雄姿を見ていただきたい」

休館までには夜の水族館や親子で楽しめるイベントが予定されているということです。

リニューアルオープンは来年4月の予定です。