RKB NEWS


きのう夜、福岡県小竹町で、同じ敷地に住む息子たち2人を刺した後に自殺を図ったとみられる父親が、「家族からの嫌がらせに悩んでいる」などと周囲に話していたことが分かりました。

警察はきょうも殺人事件の起きた福岡県小竹町の民家に入り、血だまりのあった玄関などを中心に証拠を集めています。

この民家ではきのう夜、同じ敷地に住む80代の父親と50代の息子、それに50代の女性の3人が刺し傷を負って病院に運ばれました。

このうち息子は死亡し、父親も重体となっていて、警察は父親が2人刺した後に自殺を図ったとみていきさつを調べています。

近くの住民によりますと、父親は「嫌がらせを受けている」などと周囲に不満を漏らしていたということです。警察は父親の回復を待って事情を聞くことにしています。