中島理恵のさわやか信州リポート

中島理恵のさわやか信州リポート

土曜 9:18
  • メール

番組概要

福岡空港から直行便で90分。信州まつもと空港を起点に楽しめる、長野県の観光・物産などの話題を取材、紹介します。

今回の放送内容

木崎湖でSUP ~ 大町市

「SUP(サップ)」とは、スタンドアップパドルボード(Stand Up Paddleboard)の略。
水面に浮かぶボードに立って、パドルで漕いで楽しむウォーターアクティビティです。
大町市の木崎湖の「木崎湖パウワウ キャンプ場&アウトドアクラブ」でチャレンジして
きました。

 

ボードの大きさは、サーフボードより一回り大きい感じ。より安定しています。しかも海と違って湖は波がないので、揺れません。難易度が激下がりです~。まずは、
正座して漕ぐ練習。その後いよいよ立ち上がります!果たしてスタンドアップできるのか不安でいっぱいでしたが、意外にも立てた!最初だけ勇気が必要でしたが、
すんなり立てます!漕げます!進めます~!!!
まさに水面を滑る感じ。なめらかで気持ちいい…。

パウワウの代表・伊藤洋平さんが「立って漕いでも座って漕いでもいい。寝てても気持ちいい。SUPは絶対漕がなきゃいけないものでもない」とおっしゃったので、寝てみました。すると…とろけるような柔らかさに包まれて「はふん」という心地に包まれます。そして、目を開けた時に飛び込んできたキラキラ輝く空!また信州で一生モノの瞬間をGETしてしまいました~。泣ける…。

インストラクターの伊藤潤さんが、朝6:40開始の「サンライズツアー」もおすすめだとおっしゃってました。「上ってくる朝日に向かって漕ぐ気持ち良さ、そして朝の湖の静けさが満喫できます」とのこと。真夏はわざと湖に飛び込んで(落ちて)泳いでも
気持ちいいし、ウエットスーツの着用で4月中旬から10月末まで楽しめます。
グループでの体験は、ワイワイとメンバーにツッコみ入れながらの楽しさですし、密になりようがなくて安心。一人でチャレンジすると見た目は湖上の「仙人」。
小学生から60代くらいまで体験なさってるそう。正座ができる、もしくは足を開いてボードを跨げれば余裕でOK。股関節の柔らかさがモノをいうので、「家族でチャレンジしてると、最初に落水するのはだいたいお父さん」らしいです。
あと慣れた頃に調子に乗ると落水します。ええ、もちろん落ちましたよ、私。
すぽん!とね。でもライフジャケットのおかげで、落ちて楽しい木崎湖!でした。
水がとーーーっても気持ちいい~。

□ 木崎湖パウワウ → 
http://kizakiko-powwow.com/
□ 信州大町なび →  
https://kanko-omachi.gr.jp/
□ 長野県公式観光サイト → 
https://www.go-nagano.net/
□ 信州まつもと空港地元利用 → 
https://www.matsumoto-trip.com/airport-arrival/

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容