PageTopButton

超人気焼肉店が九州初上陸。マニア垂涎〈但馬牛〉の至福に最接近!

暮らしグルメ

UMAGA

ひと昔前とは違い、いまや東京・大阪から上陸する飲食店は実力派揃い。そんななか、またも福岡の食いしん坊を歓喜させる店が現れました。
9月14日、那珂川沿いにオープンした「神戸焼肉かんてき」は、東京・神奈川ではかなり知られた存在。初代店主が構えた神戸の焼肉屋を、二代目が引き継ぐと予約困難な超人気店になりました。この春吉店はグループ6軒目で、関東圏外に進出した1号店です。

かんてき店内1 かんてき店内2

さっそく伺った店内は、シンプルモダンでクールな表情。カウンターとテーブル席を備え、窓の向こうにはキャナルシティ博多のネオンも見えます。
「いずれ、この素敵な空間を活かしたイベントも仕掛けたいですね」と言うのは大山大鐘さん。昨夏東区馬出にオープンした「焼肉ホルモン人生 大ちゃん」の店主で、過去には東京の「かんてき」本店で店長も務めた肉のエキスパートです。今回はその手腕を買われ、春吉店のプロデューサーを任されているとか。

かんてき 春吉店」は、その「大ちゃん」に続く福岡2番目の〈但馬牛〉専門焼肉店となります。純血種の但馬牛は全国で引く手あまたの最高級銘柄牛ですが、まさにここがポイント。「かんてき」をVIPや芸能人も愛する店に躍進させた最大の理由なんです。

かんてきメニュー1

兵庫・但馬地区で肥育される但馬牛は、人間の体温より融点が低いことでトロリとした舌触りを持ち、胃もたれしにくく、旨味を高める不飽和脂肪酸も豊富。大山さん曰く「不飽和脂肪酸には血中コレステロールを下げる働きもあり、美味&ヘルシーな理想の牛肉です」

加えて、兵庫・太田牧場から肉質柔らかな3歳未満の雌牛だけを一頭買いするため、希少部位も他店が羨む充実ぶり。牧場との直接取引により値段を抑え、究極品質の焼肉をカジュアルに味わえるのだから、「かんてき」が予約困難店となった経緯も頷けます。

かんてき盛り合わせ かんてき肉

そんな但馬牛の魅力をたっぷり詰めこんだイチオシが「かんてき盛り」(1人前4,290円、写真は2人前)です。注文後に1枚ずつ手切りする、その日最高の希少部位を集めた贅沢メニュー。今日はクリミ、ミスジ、イチボ、ランプ、トウガラシ、マルカワ、ホルモン3種という肉好き垂涎の内容でした。

部位ごとに個性は違っても、一口ごとに柔らかな衝撃が走るうまさは同じ。自然で濃厚な甘味と香り、噂に違わぬとろける食感、そして軽やかな余韻には九州産和牛にない力を感じます。いくら食べてもスルッと胃に入る滑らかさも心地よし!

味付けは塩かタレが選べますが、お勧めはタレです。何年も継ぎ足し続ける秘伝のタレで、肉本来の繊細な味を邪魔せず、しかも美味しさを優雅に倍増させる秀作でした。

かんてきホルモン酢味噌

そんなめくるめく“肉祭り”の後は、恐るべき鮮度のホルモンに感嘆が漏れます。厚切りか薄切りが選べるハラミ・サガリ・タンや、店屈指の人気を誇る「黄金レバ焼き」(1,408円)もぜひモノですが、僕のお気に入りは「いろいろ生ホルモン韓国風酢味噌味」(1,980円)。
センマイ・ハツ・ツラミ・ウルテ・ハチノスを、甘辛い自家製タレをまぶして頬張ると、コリッ、フワッ、カリカリ、モッチリと、ひと噛みごとに極彩色の食感が弾けます。なんとも混沌めいた快楽ですが、これも素材への確かな目利きあってこそなんですよね。

かんてきtkg

そして、最後のシメは「かんてきTKG」(660円)をオーダー。羽釜炊きのご飯に焼肉のタレをかけ、生卵・コチュジャン・韓国海苔などを乗せた香り高き一杯は、期待通り箸の止まらぬうまさでした。本当に、どの料理も隙のない完成度です。

「でも、それだけがこの店の魅力じゃないですよ」と大山さん。「素材のカット技術や接客スキルなど、常に切磋琢磨し続けるスタッフが〈かんてき〉の価値を生んでいるのだと僕は思います。美味しい食事の中で、みんなの熱いプロ意識を感じて欲しいですね」と胸を張りました。
そういえば、外の看板には屋号とともに「和牛命」の文字が。その一言に賭ける本気度は、ここの焼肉を知れば一“食”瞭然でしょう。福岡焼肉界のレベルを一段上げてくれそうな、新たな名物店の爆誕です!

かんてきメニュー2 かんてきメニュー3

神戸焼肉かんてき 春吉店
福岡市中央区春吉3-16-41 RAGAZZA春吉2F
092-707-2629

店舗名:神戸焼肉かんてき 春吉店
ジャンル:焼肉・ホルモン焼き
住所:福岡市中央区春吉3-16-41 RAGAZZA春吉2F
電話番号:092-707-2629
営業時間:17:00~OS24:00
定休日:不定
席数:カウンター4席、テーブル24席
個室:なし
メニュー:かんてき盛り(1人前)4,290円、いろいろ生ホルモン韓国風酢味噌味1,980円、かんてきTKG660円、黄金レバ焼き1,408円、神戸長田タン2,200円、黒毛和牛ユッケジャンスープ1,100円
URL:https://www.instagram.com/kobe_yakiniku_kantekifukuoka/

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

UMAGA

homePagefacebookyoutubexinstagram

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。