PageTopButton

福岡に一大旋風! これが新型スーパーの全貌!!

テレビ

今回紹介するのは、福岡の最新スーパー事情。高田課長、石本愛、服部さやかの3人が話題のあの場所を取材してきました。
 

2023年6月の福岡市博多区進出を皮切りに、県内4店舗を構えるスーパー「ロピア」の魅力を徹底解剖! 大牟田市内にオープンした岡山県発祥の複合型ディスカウントストア「ラ・ムー」では、激安価格の舞台裏に密着します。さらに、九州初上陸の「紀ノ国屋岩田屋本店」では、人気のプライベートブランド商品ベスト3を発表!

精肉店がルーツ「ロピア」の魅力とは?!

ロピアは1971年、神奈川県で精肉店として創業。全国に87店舗あるうち、福岡では2023年6月に福岡市博多区、8月に新宮町、10月に北九州市小倉北区、11月に筑紫野市にそれぞれ店舗がオープン。
 

なかでも、福岡新宮店(福岡県新宮町三代)は県内最大級の規模。オープン時には、ロピア全店でトップとなる1万人が訪れました。

ロピアのなかでも評判なのは、ずばり「肉」のラインナップ。店内では「メガ盛り」を越えた「コンテナ盛り」を発見! 九州のロピアで誕生した名物コーナーです。イチオシ商品は「プルコギ」(1,038円、約1kg)。リンゴ果汁をたっぷり使った甘めのタレが、子どもたちにも大人気です。

「飛ぶように売れる」という「みなもと牛」の食べ比べコーナーも見逃せません。「みなもと牛」は、精肉店にルーツを持つロピアならではのオリジナルブランドで、バイヤーが独自の目利きをして一頭買いして加工しています。

他にも、牛肉にラム肉、馬肉などさまざまなお肉がそろいます。ロピア自社製の「薫煙ポークウインナー」(861円/800g)と国産豚100%の「薫煙荒挽ウインナー」(368円)も超お得!

鮮魚

鮮魚コーナーでは、刺身でも味わえるアルゼンチン産の赤海老(1,296円/14尾)が一番人気。カニのコーナーも要チェックです!

甘くてとろけるような脂の「アトランティックサーモン」(2,760円/約800g)は、行列ができるほどの人気商品。冷凍せず空輸するため、生の食感がしっかりと楽しめます。通常、刺身を加工する際には人件費がかかりますが、その工程をカットすることで低価格を実現しているのだとか。

こちらは、大トロ、中トロ、赤身が1つで楽しめる名物商品「生本鮪ブーメラン」のった。関東ロピアの人気商品が九州に上陸しました。お寿司のネタも、かなり肉厚! 九州産の新鮮な魚介を堪能できます。写真は「寿司・茜」(2,592円/18貫)。ネタがご飯から飛び出した「はみ出し巻」は、採算度外視の限定商品です。

ピザ

人だかりができているのは、ロピア名物「ピザ」コーナー。休日は1日1,500枚以上売れる超人気商品です。生地はセントラルキッチンで作り、各店舗に配送。毎朝、各店舗で1枚ずつていねいに焼き上げます。
 

一番人気は「マルゲリータ」(430円)。10種類の中から厳選した数種類を、毎日販売しています。

年末の繁忙期、ピザの売れ行きは?


2023年12月24日、仕込みが始まったのはオープン2時間前の午前8時。販売予定数は2,500枚。ラインナップを4種類にしぼっての販売です。ちなみに、前日は夕方前に完売。この日も早めに売り切れると予想します。
 

午前10時の開店と同時に、行列をつくっていた人々は一気にピザコーナーへ! ピザが飛ぶように売れていきます。午前11時20分、商品の準備が間に合わず、品切れの状態に。午前12時30分には整理券を配るほどの盛況ぶりを見せました。最終的には、生地の関係で2,363枚を完売!

おすすめの購入時間は、正午以降だそうです。

青果

午前3時、「他のスーパーのほうが大根が安い」という情報が入り、急遽値下げをすることに。青果、鮮魚、精肉、惣菜といった各部門に屋号が与えられ、仕入れや価格設定の権限がチーフに委ねられている仕組みもロピアならではです。

食品

食品フロアの主役になるのは、プライベートブランド商品です。プライベートブランドのアイテム数はなんと1,000種類! キャラクターのマークが目印になっています。

「有明海産味付のり」(322円/70枚)は、ご飯にもおやつにも人気で、大ヒット商品となっています。食品チーフが自ら企画した「大粒 柿の種」(332円/200g)は、お酒にもぴったいりのクセになる味わい!

河本ファミリーのお買い物に密着!

ロピアに初めて来店した、裕司さん、美沙さん、あさひさん3人の河本ファミリー。野菜、果物、お肉と順番に、各売り場の入口にある試食コーナーを満喫! インパクトのある値段とボリュームに圧倒されっぱなしの様子でした。

店内をぐるりと回り、4つのカゴに投入したのは、牛肉やかも鍋セット、野菜、果物など合計34点、16,230円。「広くて見やすいし、量が多いのは助かる」(美沙さん)と大満足のお買い物になりました。
 

※店舗によってお取り扱い状況や価格が異なります。
※仕入れ状況によって産地が変動する場合がございます。

まだまだ続く福岡の最新スーパー事情!!

岡山県発祥の複合型ディスカウントストア「ラ・ムー」の激安価格の舞台裏!さらに、九州初上陸の「紀ノ国屋岩田屋本店」で人気のプライベートブランド商品ベスト3を発表! 

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう