PageTopButton

【福岡モビリティショー2023】情報解禁! 新しく生まれ変わった九州最大級のモビリティショーに注目!

暮らしビジネス

PR TIMES

株式会社西日本新聞社
四輪・二輪は過去最多の45ブランドが集結! クルマ・バイク好きだけでなく、ファミリーも楽しめる年末の特大イベントに進化し、4年ぶりの開催へ!

福岡モビリティショーは、名称を「モーターショー」から「モビリティショー」に変更し、はじめての開催となります。 国内外の四輪・二輪車のコンセプトカーや最新型市販車を展示するほか、新規企画「福岡モビリティツアー」では、次世代モビリティの展示・試乗・アトラクションのコーナーを設け、移動の未来やその可能性をお届けします。


福岡モビリティショー2023 メインビジュアル
福岡モビリティショー2023 みどころ


1. 四輪・二輪は過去最多の45ブランドが出展!国内外主要メーカーの最新車両・コンセプトカーが大集結!
TOYOTA KAYOIBAKO
Honda SUSTAINA-C Concept
Nissan Nissan Hyper Force



DAIHATSU VISION COPEN
MAZDA MAZDA ICONIC SP
SUBARU SUBARU SPORT MOBILITY Concept

SUZUKI eVX
LEXUS LBX



































2. 新企画「福岡モビリティツアー」で見る、乗る、遊ぶ!

 <福岡モビリティツアーってなに?>
 最先端の様々な次世代モビリティを体感できる、未来の移動体験ツアー。
 会場を巡って色々な次世代モビリティの魅力をお楽しみください。

 <福岡モビリティツアーの構成 >
 1.イントロダクション
 福岡の演劇シーンを代表する劇団「ギンギラ太陽‘s」が手がけるイントロダクションにも注目!
 1916年に製作された現存する最古国産自動車アロー号の制作物語から未来の乗り物の変遷を描いた
 演劇をお届けします。

福岡を活動の拠点とする劇団。最大の特徴は、役者が「かぶりモノ」を着け、「建物」や「乗り物」を始めとした「モノ」を擬人化することで物語を綴る手法。「人間」は一切出てこず、登場するのは「人の想い」を語る「モノ」たちだけ。地元密着にこだわり、流通、交通、お菓子等の業界を徹底取材し、史実ありきの物語として作品化を続けている。


 2.モビリティ展示
 バスケロボット「CUE」などが展示される「TOYOTA モビリティ体験ゾーン」のほか、空飛ぶクルマや
 四足歩行ロボットをはじめ、最先端技術を体感できるコンテンツを準備。福岡県内で活躍する
 多様なFCモビリティをデモンストレーションを通じ紹介。

 3.モビリティ試乗
 シルバーモビリティやパーソナルモビリティなど、様々な次世代モビリティを体感できる試乗プログラム。

 4.モビリティアトラクション
 次世代のアトラクションカーやゴーカートの体験など、こどもたちも体験できるモビリティを準備。

 5.モビリティトークショー
  出展者によるトークショーを予定。


3.こどものイベントも大充実!

「はたらくクルマ」福岡モーターショー2019の様子











・各メーカー・大学のプロフェッショナルな講師陣のワークショップ、
・パトカー、消防車等が一堂に揃う「はたらくクルマ」、
・大人気のこども職業体験施設「キッザニア福岡」が手がけるブースも!

実施団体例/(株)トヨタプロダクションエンジニアリング、日産自動車九州(株)、本田技研工業(株) 熊本製作所、ダイハツ工業(株)、トヨタ自動車九州(株)、(株)トヨタ車体研究所、九州工業大学、キッザニア福岡、福岡県警、福岡市消防局、陸上自衛隊第4師団、JAF福岡


4.グルメも充実! 












・ラーメン、うどん、明太子…九州ならではのキッチンカーが勢ぞろい!
・福岡の飲食カルチャーを牽引する店舗の特別出店も!
・<食×モビリティ>がコラボレートするモビカフェ、
・みんなで楽しめるノンアルコールBarにも注目!


5. 家族みんなで楽しめるクリスマスイベントが目白押し!


サンタクロースからのプレゼントやクリスマスツリー、コンサート等、クリスマスならではの企画も用意しています。







その他 イベント・主催者企画


◇北部九州生産車両展
カーメーカー完成車工場が多数集積する北部九州で生産されている最新の車両を一堂に展示。


◇国内外メーカー最新車両試乗会
前回の様子
国内および海外自動車メーカーの試乗会を実施。
最新車両や話題のEV車も登場。公道試乗や先進安全技術の体験も。
 









チケット情報


■入場料
 一般 1,800円(前売 1,600円) 大学生・専門学校生 1,200円(前売 1,000円)
 ※高校生以下無料
 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者1名、および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液擬固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人は無料

 ※ARTNEチケットオンライン、アソビュー!、チケットぴあ(Pコード:994-459)、ローソンチケット(Lコード:83459)、イープラス、セブンチケット(セブンコード:103-383)他で発売中
 
■数量限定 企画チケット 
※ARTNEチケットオンライン独占販売。販売期間:10月26日(木)~11月30日(木)

 1. 平日限定割引チケット
 内容:12月22日(金)、25日(月)のみ入場可能なチケットです。
 ※購入の際に入場日(22日or 25日)の日付指定が必要になります。
 金額:1,300円(一般当日券より500円お得!) ※数量限定 なくなり次第、販売終了
 販売場所:ARTNEチケットオンライン https://ticket.artne.jp/event01/#/

 2.プレミアムチケット
 <チケット内容>
 ・優先入場付一般チケット:1枚 ※混雑時にも並ばず、優先的にご入場いただけます。
 ・オリジナルクリアファイル:1枚(非売品)
 ・ドリンク引換チケット:1枚(モビカフェのみで使用可能)
  金額:2,500円 ※数量限定 なくなり次第、販売終了
  販売場所:ARTNEチケットオンライン https://ticket.artne.jp/event01/#/
 <注意事項>
  ※購入の際に入場日(22日~25日)の日付指定が必要になります。
  ※混雑状況は日によって異なりますので予めご了承ください
  ※一緒に入場される皆様お揃いの上、お越しください。
 
イベント概要


■正式名称:福岡モビリティショー2023
■テーマ:走り出そう みんなで描く“グリーン”な未来へ
■開催目的
従来のモーターファンはもちろん、ファミリーにも車・バイ クの魅力をお伝えするイベントです。2023年は新たに人々のライフスタイルを豊かにする “モビリティ”に注目。展示やアクティビティを通し、次世代モビリティがすばらしい未来を築いていく力が あることを世界有数の自動車生産拠点である北部九州から発信します。

■開催期間:2023年12月22日(金)、23日(土)、24日(日)、25日(月)  
■開場時間: 9:30~18:00 ※25日(月)は17:00終了 
 ※最終入場 22日・23日・24日は17:30まで 25日は16:30まで
■会場 :マリンメッセA・B館(福岡市博多区沖浜町)

■主催:福岡モビリティショー実行委員会=北部九州自動車産業グリーン先進拠点推進会議、九州経済産業局、九州地方整備局、九州総合通信局、九州運輸局、九州管区警察局、福岡県、福岡市、北九州市、九州自動車・二輪車産業振興会議、九州経済連合会、 福岡県商工会議所連合会、福岡商工会議所、福岡県中小企業団体中央会、北九州商工会議所、福岡県商工会連合会、福岡県中小企業経営者協会連合会、九州沖縄地区中小企業勤労者福祉共済団体協議会、九州大学、九州工業大学、福岡大学、福岡工業大学、西日本工業大学、久留米工業大学、北九州市立大学、九州産業大学、福岡県自動車販売店協会、福岡コンベンションセンター、日産自動車九州、トヨタ自動車九州、ダイハツ九州、日産車体九州、九州電力、九州旅客鉄道、西日本鉄道、西部ガス、九電工、福岡銀行、西日本シティ銀行、九州観光機構、福岡県市長会、福岡県町村会、福岡県中小企業振興センター、福岡県機械金属工業連合会、 西日本新聞社、日本経済新聞社、TNCテレビ西日本、テレQ、RKB毎日放送、KBC九州朝日放送、FBS福岡放送、 ラブエフエム国際放送、エフエム福岡 (順不同)
■共催:日刊自動車新聞社、サガテレビ、KTNテレビ長崎、TKUテレビ熊本、TOSテレビ大分、UMKテレビ宮崎、 KTS鹿児島テレビ、tysテレビ山口、西鉄旅行

■ お 問 合 せ
福岡モビリティショー事務局(西日本新聞社企画事業室内) TEL 092(711)5583(平日9:30ー17:30)

詳細プレスリリース ダウンロード先


◇イベントの詳細は公式HPからご覧いただけます。
 公式HPトップページより最新のプレスリリースおよび取材申込書をダウンロードいただけます。
 詳細は下記URLよりご確認ください。
 
 福岡モビリティショー2023 公式ホームページ
 https://www.fukuoka-mobilityshow.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

PR TIMES

homePage

上場企業の43.52%(1,680社/3,860社)が利用する現在シェアNo.1のプレスリリース配信代行サービス。

ビジネス

もっと見る