PageTopButton

福岡市と民間企業で運営するスタートアップ支援施設Fukuoka Growth NextがBacklogを導入しイベント運営におけるタスクの見える化・属人化防止に貢献*

暮らしビジネス

PR TIMES

(株)ヌーラボ
株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)が提供しているプロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」が、福岡市と民間企業3社が共働して運営するスタートアップ支援施設である「Fukuoka Growth Next」(運営:有限責任事業組合福岡市スタートアップ支援施設運営委員会、所在地:福岡市中央区、事務局長:池田 貴信、 以下 FGN)の事務局業務のタスク管理に導入され、イベント運営におけるタスクの見える化・属人化防止に貢献* しています。 * 取材時の担当者様の発言によるものです。



「Backlog」の導入背景と導入の決めて


FGNは、「スタートアップの支援」をしている官民共働の組織です。起業家に向けてインキュベーションオフィスやコワーキングスペースの提供、入居するスタートアップに対するイベントや相談会の実施、また、投資家や事業会社、そして起業家をマッチングして、資金調達の機会を創出している組織です。ハード、ソフトの両面から、起業家やそこで働くみなさんをバックアップしているのが主な業務とされています。

FGNがスタートした当初は、まだBacklogはもちろん共通のコラボレーションツールは導入されておらず、スプレッドシートなどを利用して管理していたようです。ツールを統一しようにもチームはさまざまな組織からFGNに関わる人が参加していて、各社で使っているツールが異なり、ツールの選定がなかなか難しかったようです。そういった中で、高度な機能を持ちながら、誰にでも手軽に使えるツールとしてBacklogが選ばれたそうです。

他にも、人数が増えても料金が変わらない料金体系のプランがあることで、価格の安心感だけでなく「ユーザーが増える度に社内で経費増額の承認を取らなくてはならない」という事務作業の手間がないことも決め手となり導入が進められました。

「Backlog」導入の効果


1.ガントチャートを用いることでイベントの進捗状況が見える化
スタートアップで働いているエンジニアやデザイナーの皆様に向けたイベントやセミナーを企画・遂行するにあたり、進行管理を目的としてチーム全体でBacklogを活用しています。細々とした事柄の確認や、担当者の割り振りなどは、Backlogのガントチャートで管理すると、全体像がすぐ見えます。

2.ボード機能を使った定例ミーティングの実施により、事前に打ち手が打てる状態に
「ボード」を開くと、「未対応」や「処理中」「処理済」といった状態ごとにそれぞれのタスクが表示されます。企画ごとに週1回ほど行っている定例ミーティングでは、ボードを見て進捗に気になるところがあれば、その担当者に「困っていることがないか」と、直接声をかけて業務を進められています。担当者自身も自分の進捗を客観的に把握できるので、大きな遅れがトラブルになる前に、周りに相談や時間調整などの自主的な対策を講じることにつながっています。

3.タスクの見える化によって属人化リスクが解消
皆で共通のツールを持たないと、情報が個人の元で埋もれてしまったり、その人がいないと閲覧できなかったりするリスクがあります。しかし、Backlogを導入していることで、過去の資料もBacklogの中に残っているので情報不足の不安もなく、話し合いをするうえで時間の節約にも役立っています。Backlogのおかげで、属人化のリスクがほぼ解消しました。

Fukuoka Growth Next 運営委員会事務局 池園様のコメント


Fukuoka Growth Next 運営委員会事務局 GMOペパボ株式会社 池園 友梨 氏
Backlogの優れた機能に「課題の一括登録」や、「テンプレート作成」があります。こういったことをチーム全体で活用できれば、全体の業務向上に繋がると思っています。何本かテンプレを作っておけば「イベントを開催します」となった段階で、過去の課題を見ればある程度全体像が掴めますし、テンプレートで効率的に課題を登録できますよね。あとはイベントの登壇者のような外部のゲストもBacklogに招待すれば、より可能性が広がるかなと。今後はそういった外部とのコミュニケーションにも利用してみたいなと思っています。
チームでの仕事にBacklogはなくてはならないものだと実感しています。

(以上、事例取材記事よりコメントを抜粋・編集・再構成。活用事例はこちら:https://nulab.com/ja/customers/case-study-fukuoka-growth-next/

どんな職種の方にとっても使いやすいインターフェースが特長のプロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」は、コミュニケーションの推進や業務効率化を目的に多くの企業やチームで活用され、成果を上げています。
今後も、多種多様な職種・業種、規模のお客さまが、活用ニーズや環境に合わせた使い方を実現できるよう、機能・サービスの改善を行っていく予定です。

「“進んでるね!”で、チームは進む。」プロジェクト管理ツール「Backlog」について



・Backlog サービスページ:https://backlog.com

「Backlog」は、3つの強みを有するプロジェクト管理・タスク管理ツールです。
 1. 業界・業種を問わずお使いいただける親しみやすいデザインと操作性
 2. タスク管理のみならず、Wiki、Git、ガントチャートなどの豊富な機能がオールインワン
 3. 人数無制限のため、価格を気にせずチームメンバーを招待可能

2005年のリリース以降、多くのチームのコラボレーション促進に貢献してきました。現在、クラウド版 / オンプレミス版の2種類を提供し、世界で110万人以上のユーザーにお使いいただいています。

・導入事例はこちらから:https://nulab.com/ja/customers/category/service/backlog/

ヌーラボが提供するサービスについて



ヌーラボは、プロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」、オンライン作図ツール「Cacoo」、ビジネスチャットツール「Typetalk」、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高めるための「Nulab Pass」を開発・提供しています。

・プロジェクト管理・タスク管理ツール「Backlog」:https://backlog.com
・オンライン作図ツール「Cacoo」:https://cacoo.com
・ビジネスチャットツール「Typetalk」:https://www.typetalk.com
・組織の情報セキュリティ・ガバナンスを高める「Nulab Pass」:https://nulab.com/ja/nulabpass

株式会社ヌーラボについて




※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

PR TIMES

homePage

上場企業の43.52%(1,680社/3,860社)が利用する現在シェアNo.1のプレスリリース配信代行サービス。

ビジネス

もっと見る