PageTopButton

ソサイチ九州リーグ選抜チームに最多の5選手が選出

暮らしビジネス

PR TIMES

特定非営利活動法人アスレチッククラブ博多2020
2023年12月29日に行われるJリーガーチームとのエキシビジョンマッチに向けて、ソサイチ九州リーグの登録の約450名から14名が選出されAC.HAKATA2020から最多の5名の選手が選出された。


今年最後のイベントとして現役JリーガーとF7Sリーガーの対決が決定。
450名以上が所属するF7SL(フットボール7ソサイチリーグ)九州からAC.HAKATA2020の選手がリーグ最多5名が選出された。
選出された選手:キャプテン諸岡選手、副キャプテン関選手、渡辺選手、長尾選手、宮本選手。
Jリーガーチームは、國分選手(モンテディオ山形)加藤選手(ACパルセイロ長野)川上選手(FC岐阜)など九州に縁のある選手が中心。

エキシビションマッチの目的は、子供たちに本物の試合を間近で見てもらい、プロサッカー選手の動き出しや連携、球際の強さ、スピードを感じてもらいたいとNPO法人代表の内藤が企画し、この企画に賛同した多くの選手が集まる。なお、前日まではプロアスリートと一緒に3日間合宿を行える企画も行う。
こちらも子供たちや保護者、指導者に取って興味深い企画になっている。
年末はAC.HAKATA2020のホームグラウンドMYNO FIELDから目が離せない。

ソサイチエキシビジョンマッチ
MYNO FIELD 福岡市西区田尻 https://mynofield.hp.peraichi.com/
12月29日
第1試合 Jリーガー vs F7SL選抜 11:10-
第2試合 Jリーガー vs MIGHTY FC 12:00-
観戦無料
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

PR TIMES

homePage

上場企業の43.52%(1,680社/3,860社)が利用する現在シェアNo.1のプレスリリース配信代行サービス。

ビジネス

もっと見る