PageTopButton

~車いすテニスのジュニア日本代表選手を選考~「かんぽ生命カップ2023」開催レポート

暮らしビジネス

PR TIMES

株式会社かんぽ生命保険
株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 谷垣邦夫、以下「かんぽ生命」)が冠スポンサーを務める、車いすテニスのジュニア大会「かんぽ生命カップ2023」(主催:一般社団法人日本車いすテニス協会、以下「JWTA」)が、11月25日~26日に福岡県飯塚市で開催されました。


 「かんぽ生命カップ」は、かんぽ生命が車いすテニスの支援を開始した5年前から開催されており、車いすテニスの国別対抗戦(ワールドチームカップ)のジュニア日本代表選手の選考大会です。2019年のかんぽ生命カップでは、1位~3位となった3名の選手(小田 凱人選手 / 高野 頌吾選手 / 川合 雄大選手)が、その後参加したワールドチームカップでジュニア日本代表チームとして、世界1位を勝ち取っています。

 今年は、中学1年生~高校2年生の男女8名の選手が全国から集まり、熱い戦いを繰り広げました。昨年よりも、一段とレベルアップしたプレーが多くあり、各選手の日頃の努力が伝わってくる大会となりました。接戦の末、優勝は河田 凌大選手(高校1年生)、準優勝は岡野 莉央選手(高校2年生)の結果となり、両選手はワールドチームカップのジュニア日本代表に内定しました※。

※ 現時点では、ワールドチームカップ(2024年5月トルコで開催)へのジュニア日本代表チーム出場は確定ではありません。

優勝選手



河田 凌大選手(千葉県/高校1年生)

<コメント>
この大会に向けて、たくさん練習を重ねてきました。今まで練習したことが試合でできたからこそ、優勝という結果につながったと思うので、本当に嬉しいです。特にチェアワークのトレーニングに力を入れていて、その成果が出たと感じています。ワールドチームカップに出場することができたら、海外選手相手に勝利をあげたいと思います!

準優勝選手



岡野 莉央選手(愛知県/高校2年生)

<コメント>
ジュニア日本代表になれるチャンスは、年齢的に今年が最後だったので、準優勝で代表内定を決めることができて嬉しいです。優勝には届きませんでしたが、いいプレーもあったと感じています。ワールドチームカップに出場できたら、世界で自分のプレーがどこまで通用するのか試してみたいです。日頃から応援してくださっている方に「勝利」で恩返ししていきたいと思います!

開催模様




 かんぽ生命では、夢に向かって挑戦するジュニア選手を応援したい、車いすテニスの持続的な発展につながってほしいという想いで、本大会を支援しています。今後も、JWTAのトップパートナーとして車いすテニスを支援することで、誰もが自分らしく活躍できる社会の実現に貢献してまいります。


■かんぽジャンクション(#パラスポーツ)
かんぽ生命の車いすテニス・ボッチャ支援の活動を動画で紹介しています。
https://www.jp-life.japanpost.jp/junction/tag/#tag_98

■かんぽ生命社員 車いすテニスプレーヤー 大谷桃子選手特設ページ
https://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/sustainability/social/diversity/athlete.html

■サステナビリティサイト
かんぽ生命のサステナビリティ活動を紹介しています。
https://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/sustainability/index.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

PR TIMES

homePage

上場企業の43.52%(1,680社/3,860社)が利用する現在シェアNo.1のプレスリリース配信代行サービス。

ビジネス

もっと見る