PageTopButton

「寅寅寅」の遺伝子を継ぐ、“魚のうまい店”が渡辺通に新規オープン!

UMAGA

「柳町 一刻堂」出身の店主が高砂で営む「寅寅寅(とらさん)」は、上質な魚料理がウリの人気居酒屋。その遺伝子を受け継ぐ店が、今年1月にオープンしました。聞けば「寅寅寅」店主の長男が出した店。ならば負けず劣らずのうまい魚に逢えるだろうと、ふだん以上の“魚モード”で「お魚 ことら」へお邪魔しました。

ことら店内

所在地は、地下鉄天神南駅から徒歩2分のビル2階。都心部にしては静かな小路で、いかにも小粋な店が隠れていそうな雰囲気です。階段の先の扉を開けると、「長居したくなる店」らしい温もりや親密さの漂う店舗が現れました。その和やかな空気の中心に立つのは、手際の良い仕事ぶりを見せる耳塚達也さん。意気揚々と「ことら」を旗揚げした、31歳の快活な店主です。

ことら店主

先述のとおり、耳塚さんは「寅寅寅」店主の息子さん。二代目は襲名せず、長年の夢である独立の道を選びました。父から調理技法を伝授され、柳橋連合市場の著名な魚屋「いと嘉」では魚を1年みっちり勉強。独立後は極上の天然魚介を仕入れつつ、世代を問わず楽しめる“居酒屋的空間”をつくろうと奮闘中です。
その挑戦を支えるスタッフは、ほがらかな奥様の麻希さん(写真左)と従兄弟の川澄孝裕さん(同右)。「実質的に家族経営ですね」と麻希さんの語るチームワークが、店を包む快適さの秘密なのでしょう。

ことら刺し盛り

「ここに来たら、絶対うまい魚が食べられる。そう思ってもらえる店に育てたいですね」と耳塚さんも抱負を語ります。そのための努力は、朝4時に長浜市場で誰よりも早く買い付けをするところからスタート。「いと嘉」で叩き込まれた目利きを生かし、良いものなら赤字覚悟で仕入れるそうです。
マグロ以外は天然物にこだわり、仲卸から直接買うため値段も比較的リーズナブル。定番の「刺身盛り合わせ」(6点盛り/1人前1,650円。写真は2人前)は、そんな努力の成果が直球で伝わる一品です。この日は糸島のサワラの炙り、大分のアオリイカ、大島の寒ブリなどで、豊かな風味や甘味はさすがのクオリティ。魚本来の魅力が、幸福感とともに口一杯に広がりました。

ことら煮付け

メニューには載っていませんが、煮付けと蒸し物は本日のお勧めを教えてもらえます。今宵はアコウやクツゾコといった7種類から「アラカブ煮付け」を選びましたが、えっ、これで1,980円? 丸々一尾の天然物で、この値段は間違いなくお値打ちです。醤油を加えた出汁で煮るため、身にもコク深い味が染みていました。
こんなアテを出されたら、日本酒が進まぬわけがありません。嬉しいことにこちらも銘柄豊富。「とどろき酒店」「住吉酒販」のほか、久留米や鹿児島など仕入れ先が多いため、たまに垂涎の激レア酒も入るというから日本酒党はご期待あれ!

ことら穴子

アテと言えば、「寅寅寅」名物でもある一夜干しも楽しみの一つ。耳塚さんいわく、美味しさの秘訣は「良い魚を見極め、丁寧に内臓を掃除し、酒やみりんなど調味料を的確に使い分けること」だそうです。
そうして仕込んだ品々は、水分を若干残したふっくら感とまろやかな塩味が見事に調和。なかでも一夜干しには珍しい「穴子」(825円。写真は2人前)は是非ものですよ。

というわけで、入店前に盛り上がった“魚モード”は100%大満足! 耳塚さんも「高級寿司店レベルの魚を提供する自信があります」と胸を張ります。初々しくも情熱的な“居酒屋魂”がまばゆい「ことら」。どうやらまた一軒、魚好きが一目置くべき店が増えたようです。

ことらメニュー1 ことらメニュー2
店舗名:お魚 ことら
ジャンル:居酒屋
住所:福岡市中央区渡辺通5-3-23プロスペリタ天神Ⅱ-1F
電話番号:092-707-1960
営業時間:18:00~OS翌2:00(日曜12:00~OS21:00)
定休日:月曜
席数:カウンター6席、テーブル12席
個室:なし
メニュー:刺身盛り合わせ1,650円(1人前/6点盛り)、アラカブ煮付1,980円、穴子一夜干し825円、自家製からすみ1,430円、豚ホルモン焼1,100円、手巻き寿司605円、コース1人前4,400円~(要予約)
URL:https://www.instagram.com/kotora_tenjin/

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

この記事を書いたひと

UMAGA

homePagefacebookyoutubexinstagram

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。