PageTopButton

「Bar Vespa(バー ベスパ)」の「キウイのフローズンダイキリ」

UMAGA

神社の境内に佇む、ハイセンス&ハイクオリティのオーセンティックバー

「Bar Vespa(バー ベスパ)」のカウンター席

今回は、天神の「Bar Vespa(バー ベスパ)」を訪問。
「Bar Vespa」創業の地は熊本で、オーナーの媚山達己(こびやま たつき)さんが中洲に「福岡店」をオープンしたのは、1995年11月のことだった。その後、オープニングスタッフだった神吉英典(かんき えいすけ)さんが店を引き継ぎ、オーナーバーテンダーとして「Bar Vespa」の看板を守ってきた。
開店から四半世紀を経て、「昼間からカクテルや洋酒のグラスを傾ける楽しみ」といった、欧米では一般的なライフスタイルを地元・福岡の人たちにも提案したいという思いから、2023年2月、中洲から天神に移転。開店時間を17時から11時に繰り上げて営業を行っている。

「Bar Vespa(バー ベスパ)」の「キウイのフローズンダイキリ」

今回は、同店では季節を問わず提供されているという「キウイのフローズンダイキリ」をオーダー。
ラムをベースに、キウイの果肉とシロップを合わせ、氷を加えてブレンダー(ミキサー)にかけて完成となる一杯だ。
ストローに口をつけると、まずキウイの爽やかな風味と心地良い酸味が広がり、続いて撹拌で生まれたクリーミーな泡が全体を包み込む。「Bar Vespaの神髄は、カクテルへのこだわり、技術の高さにあります」という神吉マスターの言葉どおり、アルコール度数を全く感じさせない柔らかな口当たりと綺麗な余韻は、スタンダードカクテルにも共通する、この店の特徴の一つだ。

「Bar Vespa(バー ベスパ)」のテーブル席

このバーは警固神社の境内に建てられたビルの2階にあり、テーブル席の窓いっぱいに御神木のクスノキの緑が広がる。いわば「都会の森林浴」を楽しみながら、ランチメニューやカフェメニューを味わうことができ、もちろん終日、バーメニューのオーダーも可能だ。

「Bar Vespa(バー ベスパ)」の個室

カウンター席からテーブル席へと向かう通路で神吉マスターが立ち止まり、壁を軽く押すと、その壁が自動的にスライドして「第2のバーカウンター」が出現した。
個室空間に居ながらにして、バーテンダが目の前でメイキングしたカクテルを味わえるひとときは、何物にも代えがたい贅沢な時間に違いない。
「Bar Vespa」は熊本、福岡のほか、東京(銀座)、京都(祇園)、札幌(すすきの)にも店舗展開している。旅行の折にはぜひ足を運んで、各店の雰囲気とサービス、こだわりのカクテルを味わってみたいものだ。

Bar Vespa(バー ベスパ)
福岡市中央区天神2-2-20 警固神社社務所ビル2F
092-753-8853

西山健太郎
福岡市役所に勤務するかたわら、2017年2月に樋口一幸氏(Bar Higuchi 代表)と非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。福岡・博多の地域文化の魅力について独自の切り口で発信している。

店舗名:Bar Vespa(バー ベスパ)
ジャンル:バー
住所:福岡市中央区天神2-2-20 警固神社社務所ビル2F
電話番号:092-753-8853
営業時間:11:00~24:00
定休日:なし
席数:カウンター8席、テーブル10席
個室:5名
メニュー:チャージ1,000円(19時以降/11時~19時はノーチャージ)、キウイのフローズンダイキリ2,000円、フルーツカクテル2,000円~、カクテル1,300円~、ウイスキー1,000円~
URL:https://bar-vespa.com/

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

この記事を書いたひと

UMAGA

homePagefacebookyoutubexinstagram

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。