PageTopButton

『サラリーマン』 ギャラクシー・放送文化基金ダブル受賞! 続編放送へ

 
優れた放送番組などに贈られる、第50回放送文化基金賞で、RKBラジオの『空想労働シリーズ サラリーマン』がラジオ部門優秀賞に選ばれました。同番組はNPO放送批評懇談会が主催する第61回ギャラクシー賞でもラジオ部門優秀賞を受賞しています。
 
ギャラクシー賞贈賞式にて(左から松隈ケンタ・冨士原圭希・別府あゆみ)

『空想労働シリーズ サラリーマン』は、2023年8月22日から10月10日にかけて、RKBラジオで放送した昭和特撮風ラジオドラマです。

昭和と特撮ヒーローをこよなく愛する、RKBの冨士原圭希(ふじはら・たまき)アナウンサー(2020年入社)が、企画・脚本・演出をしたもので、会社員の喜びや苦悩を巨大ヒーローと怪獣に落としこみました。

出演者には、『スーパー戦隊シリーズ』『仮面ライダーシリーズ』でヒーロー・ヒロインを演じた俳優が集結。RKBラジオにも出演歴がある『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系・2005年)マジピンク役、俳優の別府あゆみさんはアドバイザー兼ヒロイン隊員役を担当しました。さらに『ドラえもん』(テレビ朝日系)スネ夫役の声優・関智一さん、『仮面ライダーアマゾン』(毎日放送・1974年)主演の岡崎徹さんなど豪華俳優・声優陣に加え、RKBアナウンサー、RKB毎日放送の社長が出演。劇中の音楽は「新しい学校のリーダーズ」「BiSH」などの楽曲制作・プロデュースで知られる、福岡在住の音楽プロデューサー・松隈ケンタさんが手がけました。

 


 

企画・脚本・演出 冨士原圭希アナウンサーコメント

放送人としてこの上ない誉れであります。いち会社員として、全ての働く人たちへ向けてこの作品を作りました。通常ならば、アナウンサーが"特撮"を"音声ドラマ"で作るという荒唐無稽な企画、実現は難しそうに思えますが、その過程を含めて楽しんでいただけたのかもしれません。幼い頃の「好き」をしつこく持ち続けて良かったとようやく思えました。

また、低予算の中、企画にご賛同くださった音楽の松隈さん、キャストの皆さんこそ本物のヒーローです。熱意だけが先走る私を諌めてくださった諸先輩方、若輩者にお力添えくださった全ての関係者の方々、そして何よりリスナーの皆さまに心より御礼申し上げます。

『空想労働シリーズ サラリーマン』は現在、YouTubeのRKBラジオ公式チャンネル・各種ポッドキャスト(ラジオクラウド、Spotify、Amazon Music、Apple Podcast)でも全話配信中です。

なお、受賞を記念して6月15日(土)14時から15時まで、全8話をRKBラジオで一挙放送します。

また、RKBは続編となる『帰りたいサラリーマン』の制作と、今年夏ごろからの放送も発表しました。働き方改革やハラスメントなどをテーマに「会社員あるある」を描きます。新たなキャスティングにも注目です。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

冨士原 圭希

RKBアナウンサー

xinstagram

出身地:千葉県野田市 誕生日:3月20日 趣味・特技 趣味 映画、テレビ、ラジオ、仏像鑑賞 特技 啖呵売(物を売るための口上。立板に水の話芸に憧れて)

担当番組

テレビ

タダイマ!

ラジオ

エキサイトホークス

ラジオ

連続ラジオドラマ ~シアワセの高取家~

ラジオ

カリメン

ラジオ

空想労働シリーズ サラリーマン

ラジオ

おしゃべり本棚

ラジオ

冨士原圭希 日曜のウラ