エキサイトホークス

エキサイトホークス

不定期

番組概要

『143人の日替わりヒーローは誰だ』をキャッチフレーズに、熱いホークス戦をラジオで熱く中継する「RKBエキサイトホークス」
今年は、パリーグ連覇、さらには5年連続日本一を目指すホークスの戦いを143試合全試合放送!
ホークス選手が躍動する姿を、熱き実況と共に追いかけ続けます!

※カード・球場・解説・実況は、当ホームページの「番組表」の「ラジオ番組」欄にてご確認ください。

マンスリーヒーロー

『ホークスの日替わりヒーローは誰だ』をキャッチフレーズに、
今年も熱いホークス戦をラジオで中継する「RKBエキサイトホークス」

エキサイトホークスでは、優勝目指してシーズンを戦う、ホークスの至高のヒーローたち
~マンスリーヒーロー~を、今年も毎月選出します。

これはRKBが誇る解説者が、放送する試合の中で「ヒーロー」を選びます。
それを月毎に集約して一番多く選ばれた選手が、各月の至高のヒーローたち~マンスリーヒーロー~となるのです!

そんなマンスリーヒーローたちの戦いや優勝への想いなど、RKBラジオでは独占インタビューを放送し、
余すところなく至高のヒーローたちの語りを聞かせます!

さらにはリスナーの皆さまには、各月毎に「マンスリー・ヒーロー」を予想して頂くと、
ホークス戦のチケットやスペシャルグッズなどが抽選で当たるプレゼント企画を今年も行います!

エキサイトホークスを聞いて、ホークス至高のヒーローたち~マンスリーホークス~を是非予想して下さい!

大混戦のパリーグ!抜け出すのはどこか、、、。元ホークス戦士で、九州ハニーズ監督の宮地克彦氏がゲスト解説で登場!

大混戦のパリーグ!抜け出すのはどこか、、、。元ホークス戦士で、九州ハニーズ監督の宮地克彦氏がゲスト解説で登場!

大混戦のパ・リーグ!

9月1日終了時点で、首位西武、2位ホークスで、ゲーム差が「0.5」。

首位から1.5ゲーム差で3位オリックス。さらに首位から4ゲーム差で4位楽天が追っています。

我らがホークスを応援するため、『RKBエキサイトホークス』の中継にも力が入っています。

9月3日(土)午後1時54分からの『RKBエキサイトホークス』福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ戦は、実況は井口謙アナウンサー。そして、ゲスト解説として、ホークスで”いぶし銀”の活躍でファンを魅了した宮地克彦さんを迎え放送します。

宮地克彦は、現在、女子硬式野球チーム・九州ハニーズの監督を務めています。九州ハニーズは、『ホークス&スポーツ』のパーソナリティ・上杉あずさが所属しているチームで、8月に行われた「全日本女子硬式クラブ野球選手権大会」で、創部1年目、初出場で準優勝に輝いています。

 

なお、この日、RKBテレビでも中継をします。その副音声で『RKBエキサイトホークス』の放送を聴くことができます。テレビ中継との違いを体感してください。

 

また、ホークスへの応援メッセージは、『RKBエキサイトホーックス』の公式Twitterをフォローの上、「ハッシュタグ・エキサイトホークス」をつけて、Twitterに書きこんでください。

 

放送を聴く方はこちら

 

頑張れ!ホークス!!

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

試合日程/実況・解説

解説

強きホークスを知る男
島田誠
【現役通算】
1576試合出場 1504安打 76本塁打 439打点 352盗塁1954年福岡県生まれ。直方学園、九州産業大、あけぼの通商を経てドラフト外で日本ハムファイターズに入団。168cmと小柄な体ながら外野のレギュラーを掴むと、打率3割以上を3度、40個以上の盗塁を3度記録。80年代を代表する1番打者として名を馳せた。特に1979年に達成したパーフェクトスチール(二盗、三盗、本盗)は、日本プロ野球界で唯一の記録である。
1991年に福岡ダイエーホークスに移籍。その年で現役を引退。
その後、1997年から福岡ソフトバンクホークスのコーチとして、10年に渡り王貞治監督時代の黄金期を支え、2010年には横浜ベイスターズでヘッドコーチを務めた。
ホークスを日本一に導いた
秋山幸二
【現役通算】
2189試合出場 2157安打 437本塁打 1312打点 303盗塁1962年熊本県生まれ。八代高校からドラフト外で西武ライオンズに入団。
1985年から3年連続40本以上、1993年までパリーグ記録となる9年連続30本以上のHRを放つなど、球界屈指の長距離砲として鳴らす。
また10年連続でゴールデングラブ賞を受賞。1990年には盗塁王を獲得するなど、走攻守三拍子兼ね備えた選手として西武黄金時代を支えた。
1994年に福岡ダイエーホークスに移籍。キャプテンとしてチームを牽引し、1999年に初優勝の立役者となる。翌年に2000本安打を達成し、2002年に現役を引退。
2009年から福岡ソフトバンクホークスの監督として、6年間でチームを3度の優勝(2度の日本一)に導いた。2014年野球殿堂入り。
平和台を沸かせたスラッガー
岸川勝也
【現役通算】
744試合出場 476安打 97本塁打 307打点 26盗塁1965年佐賀県生まれ。佐賀北高校時代には46本塁打を放つなど強打者として知られ、ドラフト3位で南海ホークスに入団。南海最後の年にレギュラーに定着し、大阪球場最後のヒーローインタビューを受けた選手として知られる。
福岡移籍初年度の26本塁打を皮切りに、3年連続で20本塁打以上を記録するなど、和製大砲として平和台のホークスファンを大いに沸かせた。中でも89年には3本のサヨナラHRというパリーグ記録を達成している。
現役引退後は、原辰徳監督下の読売ジャイアンツで9年にわたり打撃コーチを務め、侍ジャパン不動の選手となった坂本勇人は教え子の一人でもある。
元祖イケメン内野手
浜名千広
【現役通算】
1160試合出場 811安打 32本塁打 271打点 112盗塁1969年大阪府出身。国士舘高校を経て東北福祉大に進む。大学の同期に斎藤隆、金本知憲など錚々たるメンバーが揃う中、アマチュア№1遊撃手との高い評価を受けドラフト3位で福岡ダイエーホークスに入団する。
端正な顔立ちと相まって1年目からオールスターファン投票1位に選ばれるなど、チームの中心選手として活躍。堅実な守備に巧みなバント技術、そして盗塁を武器に1996年には2番打者として全試合に出場。1999年には選手会長としてホークスのリーグ初優勝に貢献する。2004年に現役引退。
2013年には球団創設75周年記念として実施された「LEGEND HAWKS」歴代ベストナインの遊撃手部門で選出されている。

実況

茅野正昌
田中友英

関連キーワード

番組SNS

  • Radiko
  • Twitter
番組
SNS
  • Radiko
  • Twitter