“本物の赤身”の至福が楽しめる、全国でも稀有な高級焼肉店

“本物の赤身”の至福が楽しめる、全国でも稀有な高級焼肉店

まだ霜降りたっぷりの黒毛和牛がもてはやされていた2010年。「赤身専門店」という斬新なコンセプトを引っ提げて、「力飯店」は西中洲に現れました。接待などでも重宝される上質な空間、コースとおまかせのみで構成した厳選メニュー、そして全国を回って吟味した“本物”の赤身のうまさ──。これらの要素が織りなす独自の世界観は、創業12年目の現在も、この店をオンリーワンの個性で輝かせています。

力飯店外観

いまや県内外から客が訪れる、予約困難な焼肉店の一軒。その人気ぶりや高い評価は常々耳にしていましたが、ようやく今宵、僕にも“デビュー”の機会が巡ってきました。
幾何学的な格子の模様が囲む外観は、堂々として品格ある佇まい。白い暖簾には「創業昭和三十七年」とありますが、これは八幡にあったホルモン焼きの店が発祥であることを示しています。鉄の町の労働者に愛された小さな大衆店が、なぜこうした進化を遂げたのか? そんな謎もほどなく解き明かされることでしょう。

力飯店個室1
力飯店個室2

温和な色調でまとめた店内は、数寄屋造をベースとした心落ち着くデザインです。「当初から、接待や大事な会合に使ってもらえる店にするつもりでした」と言うのは、この「力飯店」を立ち上げ、福岡屈指の焼肉店に育てたオーナーの加山浩二さん。自身も愛するという李朝の骨董や調度品を要所に配し、空間にソフィスティケートされた表情を与えています。
メインとなる客席は6部屋の個室で、2名から20名まで利用可能。極力余計な装飾を省いた空間は、楽しい会話や食事にどこまでも没頭させてくれそうです。

力飯店カウンター

カウンターもありますが、こちらは加山さん自らもてなす常連様のための特別席で、注文もおまかせ(15,000円〜)のみとなります。シンプルゆえの清楚さを感じるこのスペースで、一度は食事してみたいものですね。
このほか4卓のテーブルを配した広めのホールがあり、こちらはより開放感のある雰囲気で過ごせます。

力飯店メニュー1

さて、メニューを開くと分かりますが、ここには肉のアラカルトがありません。選りすぐった自慢の赤身を満遍なく味わえるよう、あえてコースのみに限定しているのです。「オープン時から3年くらいは、この方針が理解されずに苦労しましたね」と加山さん。
けれども「美味しくて体に優しい赤身の魅力を伝えたい」という信念は揺らぐことなく、全国の焼肉店でも珍しかった“赤身主義”を貫徹。やがて世間の健康志向が高まり、時代がこの店に追いつくのはその後のことでした。

力飯店肉3

そんな「力飯店」で僕がチョイスしたのは11,000円のコース。ナムルなどの副菜に続き、最初に供された肉がこの「特選赤身 塩焼き6種」です(写真は2人前)。左からイチボ、シャトーブリアン、ランプ、トモサンカク、カイノミ、サーロインという鮮やかな希少部位ばかり。
さっそく頬張ってみると、とたんにふくよかな衝撃が口全体に走りました。なんとコクのある甘さ、なんと快い歯触り。しかも六者六様に豊かな表情が満ちています。それまで単に「赤身」と認識していた肉の概念が、完全に覆された瞬間でした。
「他店で出している赤身は、ほとんどがモモや臀部などの赤い部位です。でも僕が仕入れているのは、どこを切っても霜降りが出ない褐毛和種や短角牛などの牛肉だけ。両者を食べ比べたら、味の違いは一目瞭然ですね」
そう話す加山さんが、赤身の秘めた魅力に気づいたのは20年前のこと。以来、精力的に“本物”の赤身を各地から集め続けており、その努力の結晶こそが、ここ「力飯店」なのです。

力飯店ホルモン

これに続く「つくね」も小品ながら好印象。最初の塩焼きで出された6種の赤身を挽肉にして食す、凝縮味と遊び心に満ちた一品でした。
それを平らげると、左からタン、ミノ、コリコリ(大動脈)に朝びき鶏のササミを加えた「P塩焼 4種」が登場(写真は2人前)。これまた赤身に劣らず楽しい歯応えの競演で、なかでも強靭なコリコリにはずっと噛み続けていたい中毒性がありました。的確に包丁を入れたミノの下処理も完璧。胡麻油と唐辛子とニンニクなどで調えた、加山さんいわく「力飯店風アーリオオーリオペペロンチーノ」のタレとの相性も抜群です。
加えて、部位ごとに絶妙な厚さや大きさでカットしたサイズ感も特筆もの。このひと手間で肉がスムーズに口に収まり、しかも硬軟が見事に調和した食感が堪能できるのです。これも加山さんのプロフェッショナリズムの一つで、客が咀嚼するときの回数や口の中の状態を徹底的に考え、日ごとに変わる肉の状態を確かめながら、細心の注意を払って自ら手切りするのだそう。「美味しい肉にはかならず美味しいサイズがある。肉質はもちろん、サイズこそが命だと僕は思います」

力飯店サーロイン

そして、いよいよコースの総仕上げとなる「たれ焼」です。毎日店で調合する新鮮なタレをまぶし、赤身、ホルモン、京鴨、焼きしゃぶなどが提供されました。
とりわけ、自然なサシの入った大判サーロインを使う焼きしゃぶはインパクト大。「同じ一枚肉でも味わいが両端で異なるので、ぜひそれを一口で召しあがって下さい」。しかしこの大きさをどうやって?と迷っていたら、これはスタッフさんが手際よく焼いてくれました。

筒状に巻かれた焼きしゃぶは、フワリとした食感と濃い旨味が秀逸で、店を代表する渾身の逸品だというのも頷けます。これにてコースは終了ですが、あまりに破格な赤身のうまさに感慨や余韻が消えません。しかも驚くことに、コースで食べた肉・ホルモンの総量は約400g! なのに胃もたれをまったく感じないのです。
「これが本当の赤身の力なんですよね」と微笑む加山さん。「肉を喰らうことは生命の源であり、だからこそ僕らはできる限り体に優しく、負担の少ない肉を提供したい。その答えが赤身であり、仕入れた肉に“テンダービーフ”と名付けているのもそれが理由です」

こうして西中洲から焼肉業界に一石を投じた「力飯店」ですが、加山さんの旅は終わりません。いまだ出会わぬ素晴らしい牛や生産者を探すため、今後も東奔西走を続けるそうです──それが類まれな焼肉体験のためばかりでなく、日本の食料自給率アップの貢献にも繋がると信じて。そんな理想と情熱は、これからも客たちに満ち足りた至福を与えてくれるでしょう。

なお11月16日からは、赤身100%の特製ハンバーグを提供するランチがスタート(下記メニュー参照)。個室で贅沢なランチミーティングを行うビジネスマンも増えているそうです。

力飯店メニュー

店舗名:力飯店(りきはんてん)
ジャンル:焼肉・ホルモン焼き
住所:福岡市中央区市西中洲12-21
電話番号:092-752-7800
営業時間:11:30〜OS14:00(水・木・土曜のみ)/17:00〜OS23:00(日祝OS22:00)
定休日:月曜
席数:カウンター8席、テーブル54席
個室:2〜20名
メニュー:コース/7,000円・9,000円・11,000円・13,000円、おまかせ15,000円〜、ハンバーグランチ/2,600円・4,400円・6,000円
URL:http://www.rikihanten.com

THE WRITER

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE