PageTopButton

生活雑貨店「トキネリ」がパティスリー&カフェを併設してパワーアップ!

UMAGA

地下鉄・中洲川端駅直結の複合施設といえば「博多リバレインモール」。この1階で昨年2月まで営業していた生活雑貨の店「トキネリ」が今年1月10日、パワーアップして帰ってきました。場所は同じく「博多リバレインモール」の1階エントランス横で、「茅の舎」の跡地に位置します。

博多リバレイン・生活雑貨 トキネリ

「トキネリ」は、薬院の「B・B・B POTTERS」や天神・VIOROの「LT LOTTO AND TRES」などを運営する会社「ウィークス」が手掛けるお店。国内で長く作り続けられてきた伝統的な道具や、現代の暮らしに合う生活雑貨が多彩に揃います。

早速中へ入ってみましょう。入口すぐは、約1カ月ごとにテーマが変わる“店内イベント”に合わせた商品や季節商品が並ぶコーナーとなっています。左手には職人手製の「荒物(あらもの)」を扱う問屋「松野屋」のアイテムもズラリ。「荒物」とは、竹籠や竹ざる、ほうきといった昔ながらの日用品のことを指します。どれも自然で素朴な素材感がよく、丈夫で実に使いやすいんですよ。
さらには「小石原ポタリー」をはじめとした、現代の食卓にも馴染む民芸の器や食器も見どころの一つ。その他、台所道具から肌に優しい服飾小物、スキンケア商品、食品、インテリア雑貨などなど……。とにかく豊富で目移りしてしまいます。

博多リバレイン トキネリ 伝統工芸 博多リバレイン トキネリ 食品

写真左は、創業約300年の「柴田徳商店」が手掛ける伝統工芸品「博多曲物」。飯びつや弁当箱だけでなく、「博多曲物」ならではの愛らしい絵付けが施された「小物入れ」(小3,630円)はギフトにもおすすめです。

加えて、リニューアルに際し新たに仲間入りした商品も多数あります。写真右は、安全性や環境に配慮したスキンケア商品で有名な「松山油脂」が手掛ける「山神果樹薬草園」の逸品。和柑橘の外皮を削り丸ごと圧搾したしぼり酢やジュースは、濃縮された酸味や香りがたまりません。個人的には、サッと使えて調理に大活躍する「さささ 和晒ロール」の取り扱いが始まったのも嬉しいです。

隣にはパティスリー&カフェを併設!

博多リバレイン・パティスリー ア コテ ドゥ テ

さて、今回の新装開店はもう一つ注目すべきポイントが。「トキネリ」の隣には「À côté de T(ア・コテ・ドゥ・テ)」もオープンしました。ここは今泉の人気パティスリー「Le BRETON(ル・ブルトン)」が手掛けるフランス菓子のパティスリー&カフェ。店名はフランス語で「Tの隣」を意味し、“トキネリの隣”と“博多座(劇場=テアトル)の隣”という意味を重ねているのだとか。

博多リバレイン・パティスリー ア コテ ドゥ テ

店内にはテーブル18席とカウンター3席を配し、ショーケースには約20種類もの生菓子が並んでいます。中には、ヘーゼルナッツを散らしたメレンゲにラム酒入りのキャラメルクリームを詰めた「ムラング シャンティー キャラメル ロム」(450円)や、サヴァラン生地をラム酒シロップに浸した「ババ オ ロム」(420円)といったクラシカルなフランス菓子も。イートインはもちろん、テイクアウトもできますよ。

博多リバレイン ア コテ ドゥ テ ケーキ

新店舗のシェフパティシエを務めるのは、神戸や東京のパティスリーで腕を磨いた福岡出身の後生川秀治郎さん。伝統的なフランス菓子に独自のアレンジや現代的なデザインを加えた後生川さんオリジナルのケーキも多彩に並びます。写真左の「フォレノワール」(600円)は、洋酒が効いたグリオットチェリーと深みあるショコラの味わいが合わさる一品。右の「スヴニール」(650円)は生地やクリームなど、すべてのパーツにヴァニラを贅沢に使用しており、濃密な香りが口いっぱいに広がります。

博多リバレイン ア コテ ドゥ テ カフェメニュー 博多リバレイン ア コテ ドゥ テ カフェメニュー

また、楽しみはケーキだけではありません。店内ではフランス・ブルターニュ地方の郷土料理であるそば粉のガレット、クレープ、パフェなども楽しめます。15時まではガレット・サンドイッチ・キッシュ・サラダなどのお得なランチメニュ-(750円~)や、ガレットにサラダ・スープ・デザート・ドリンクが付く「日替りのランチコース」(1,800円)も用意されていますよ。

博多リバレイン ア コテ ドゥ テ ガレット

私は王道の味であるコンプレット=「タマゴ・ハム・チーズ」のガレットランチ(950円)を注文しました。生地の端はサクッと香ばしく、中心はモチッ! ハムの塩気、チーズのコク、とろける卵黄に酸味の効いたサラダを絡めながら共に味わえば……まさに“コンプレット=完全”な美味しさですね。

博多リバレイン ア コテ ドゥ テ タルト 博多リバレイン ア コテ ドゥ テ ヴィエノワズリー

ちなみに、ドリンクメニューの中にはパリの老舗紅茶ブランド「マリアージュ フレール」の紅茶が4種類も揃っていました。私ここの紅茶が大好きなのですが、福岡ではなかなか飲めるところが少ないのでこれはポイント高いです。
店の出入口横にはタルトやクッキーなどの焼き菓子、クロワッサンやブリオッシュといったヴィエノワズリーまで並んでいて帰る間際まで目移り……。心を満たしてくれる生活道具にフランス菓子や軽食が楽しめるニュースポット、行かない手はないですよ。

トキネリ
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
092-409-5506

À côté de T(ア・コテ・ドゥ・テ)
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
092-292-1456

店舗名:トキネリ
ジャンル:スイーツ、カフェ、物販店
住所:福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
電話番号:092-409-5506
営業時間:10:00~19:00
定休日:施設に準ずる
URL:https://www.instagram.com/tokineri_acotedet

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「あなたのスマホを、防災ラジオに。」
radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

この記事を書いたひと

UMAGA

homePagefacebookyoutubexinstagram

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。