PageTopButton

博多湾のエビがプリップリで美味しいって知ってました!?

UMAGA

※福岡市は、福岡市内産の農林水産物及びその加工食品を「ふくおかさん家(ち)のうまかもん」として応援しています。さらに「ふくおかさん家(ち)のうまかもん」のウェブサイトでは、そんな私たちの食生活を豊かにしてくれる福岡市内の生産者さんと飲食店をご紹介。さすが食都・福岡、美味しい食材やお店がたくさん揃っています。その美味しさの秘密や調理法、保存法など、福岡市の食材の魅力をたっぷりお届けします。
第7回目は「エビ」です。

博多湾の新鮮なエビの旨味を堪能するイタリアン

マエビのミネストラ

玄界灘の海の幸や九州の野菜をシンプルに仕上げた季節ごとのイタリア料理を、オススメのワインとともに楽しませてくれる「OSTERIA KAI」。今回は、博多湾の「マエビ」を使った一皿を求めてお邪魔しました。贅沢に有頭のマエビが2尾のったこちらの料理は「マエビのミネストラ」。ミネストラとは、野菜が入ったスープのことで、よく耳にするミネストローネはさらに具がたくさん入ったものだとか。こちらのミネストラは「博多ヨーロッパ野菜研究会」のオレンジカリフラワーや玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、セロリなどが入っていて、それぞれの野菜の味と香りが調和しています。スープのアクセントにもエビの頭や殻などから取った濃厚な出汁が加えてあり、エビの風味たっぷり。もちろん、主役のマエビも甘くてプリップリ! エビの旨味をたっぷりと感じられる一皿です。

OSTERIA KAI店内 OSTERIA KAシェフ

「OSTERIA KAI」は薬院の一角にある隠れ家的なレストランで、古くからの常連も多い1988年開業の老舗。テーブル6席、カウンター4席のこぢんまりとした店内は、落ち着いて食事が楽しめます。やはり特等席はシェフの手元が眺められるカウンター席。シェフはシニアソムリエの資格も持っているので、料理に合うおすすめワインを気軽に尋ねてみましょう。
メニューは予約制のおまかせコース(昼5,500円~、夜9,350円~)のみ。アミューズ、前菜、魚、パスタ2種、肉、ドルチェと、季節の食材を余すところなく味わわせてくれます。

玄界灘で獲れた「エビ」は甘くてプリプリ!

エビ ※福岡市漁協伊崎支所提供

博多湾はエビの産地として知られているのをご存知ですか?
博多湾の内側の砂泥地には「クルマエビ」「ヨシエビ」「マエビ」「コエビ」など数種のエビが生息していて、福岡市漁協伊崎支所では4~12月にエビ漁がおこなわれています。

車エビ ※福岡市漁協伊崎支所提供

高級食材として知られる「クルマエビ」の旬は5~9月。玄界灘は全国でも有数の天然クルマエビの産地ですが、主に料理屋さんなどで使われているので、スーパーなどではほとんど出回らない希少品だそうです。

エビ ※福岡市漁協伊崎支所提供

一番ポピュラーなのが「ヨシエビ」や「スエビ」と呼ばれるエビです。旬は8~12月で、成長すると18㎝ぐらいの大きさになります。見た目は地味ですが、身がプリッとしていて美味しさは「クルマエビ」に負けないほど。

シーフードカレー ※福岡市漁協伊崎支所提供

刺身や天ぷら、塩焼き、煮付けなど、シンプルに味わうのがおすすめですが、有頭の新鮮なエビはとてもいい出汁がでるのでシーフードカレーにすると格別。エビのみそが入るとグッと風味がよくなります。

ざるにが入ったエビ エビ ※漁協より提供

こちらはよくおせちなどに使われる、火を通すと真っ赤に色づく「マエビ」です。足が赤いので「アシアカエビ」といわれ、赤褐色に薄いシマ模様があり、大きいものは25㎝ほどになります。熱を通しても硬くなりすぎないのが特徴で、とても甘みが強く、クルマエビの代用にされることも。こちらもしゃぶしゃぶやエビフライや天ぷらがオススメだそうです。
獲れる時期が限られているので、お正月前に活きエビを買っておき、容器にエビを入れひたひたの水を張って冷凍しておくと保存がきくそうです。こちらもなかなか市場に出回らない希少品です。

コエビ ※福岡市漁協伊崎支所提供

そして、博多のエビ天うどんに欠かせないのが「コエビ」。旬は4~6月と10~12月で、志賀島や姪浜、伊崎の漁港に揚がります。そのまま、素揚げやかき揚げがおすすめです。

漁師森譲司さん エビ漁 ※福岡市漁協伊崎支所提供

ご両親におじい様、おばあ様と、親子3代現役の漁師という森譲司さん。エビは底びき網の一種である「エビ漕ぎ」、「さし網」や「素潜り」などの漁法で獲られています。
「博多湾内はミネラルが豊富でプランクトンが多いんです。エビも豊富なプランクトンを食べて育つので、味が濃く、身がプリプリしています。ほかにもプランクトンを食べに小魚が集まり、さらにその小魚を食べる魚が入ってきます。エサが豊富にあるのでいい魚が集まるんです。
よく「博多湾の魚って美味しいの?」と聞かれますが、何も言わずにほかの海のものと食べ比べてもらうと、博多湾の方が美味しいと言われることが多いですね。海の栄養をたっぷり吸収して、美味しく育つのでしょうね」と森さん。
稚魚の放流や湾内清掃など、海を守る活動も積極的に行い、博多湾で美味しい魚が獲れるようにと日々活動されています。

伊崎朝市 ※福岡市漁協伊崎支所提供

また、伊崎漁港では魚に親しんでもらおうと「伊崎のおさかな夕市」(毎週土曜14時55分~)を開催。エビやカニ、シャコやアナゴ、タコなど、新鮮な旬の魚介類が並びます。人気なので14時30分ぐらいに到着してお目当ての魚の列に並ぶのをおすすめします。

《OSTERIA KAI / オステリア・カイ》
福岡市中央区薬院2-10-1-1F
092-734-8200

店舗名:OSTERIA KAI(オステリア・カイ)
ジャンル:イタリア料理
住所:福岡市中央区薬院2-10-1-1F
電話番号:092-734-8200
営業時間:12:00~OS13:00/18:00~OS21:00(昼夜ともに要予約)
定休日:不定
席数:カウンター4席、テーブル6席
メニュー:おまかせコースランチ5,500円、ディナー9,350円~
URL:https://www.facebook.com/profile.php?id=100063763981233

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」

この記事を書いたひと

UMAGA

homePagefacebookyoutubexinstagram

魅力的な福岡の食文化をもっと楽しんでいただくためのバイブルとして、厳選した信頼性のある情報を毎日更新中。