PageTopButton

『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』著:坂本龍一

エンタメ

muto(ミュート)

『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』坂本龍一

坂本龍一氏の最晩年までの活動をまとめた自伝『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』が、6月21日(水)に発売されます。
著者本人の手による「あとがき」は、残念ながら坂本氏が3月28日に他界したことでかなわなくなり、本書の口述筆記の聞き手を務めた鈴木正文氏が巻末に「著者に代わってのあとがき」を寄せています。

 その原稿の準備中、鈴木氏は坂本氏の遺族から数枚のプリントアウトを手渡されました。それは生前の坂本氏がPCやiPhoneでつけていたという日記の一部でした。

年明けに20時間にわたる大手術を受けたあとの2021年5月12日
《かつては、人が生まれると周りの人は笑い、人が死ぬと周りの人は泣いたものだ。未来にはますます命と存在が軽んじられるだろう。命はますます操作の対象となろう。そんな世界を見ずに死ぬのは幸せなことだ》
YMO時代からの盟友・高橋幸宏氏が亡くなり1ヶ月ほどが経った2023年2月18日
《NHKの幸宏の録画見る/ちぇ、Rydeenが悲しい曲に聴こえちゃうじゃないかよ!》

坂本龍一 Photo by Neo Sora ©︎Kab Inc.

鈴木氏による原稿では、こうした貴重な資料も交えつつ、口述筆記のプロジェクトが終わり今年を迎えてからの坂本氏の最期の日々のことが初めて明かされます。文字通り死の直前まで他者のため、そして自分のためにも仕事を続けた教授の姿を、この「あとがき」から知ることができるでしょう。

鈴木正文氏コメント

坂本龍一さんが最後の日々に書きつけたことばや思想の断片をとどめる「日記」のうち、2022年9月23日のものには、「ぼくは古書がないと生きていけない/そしてガードレールが好きだ」との記述があります。「あとがき」では、そのまま紹介し、コメント類は付加しませんでしたが、「古書がないと生きていけない」という吐露につづいて、「ガードレールが好きだ」という告白があったのには、虚をつかれました。それからというもの、僕はガードレールを見るたび、坂本さんのこのことばを呼び戻しては、路傍にうずくまるものいわぬかれらに、坂本さんに代わって(というつもりで)、語りかけます。照る日曇る日、黙して僕たちを護ってくれてありがとう、ガードレールさん、と。

BTS・SUGA、SE SO NEON・ソユン、侯孝賢監督も推薦!中国・韓国・台湾でも同時刊行

坂本龍一氏は、日本だけでなくアジアを代表する音楽家でもありました。6月21日(水)に発売となる『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』には多数の海外版元より翻訳出版のオファーがあり、中国の中信出版、韓国のWISDOM HOUSE、台湾の麦田出版からも、日本版と同じく「自然に還っていくピアノ」の写真を用いた装幀で同時刊行されます(韓国版のみ数日遅れて6月28日(水)に刊行予定)。

坂本龍一

坂本氏が最晩年までの活動をみずから振り返った本書には、東アジアの国・地域でのさまざまな経験についても記されました。2021年に中国・北京で大規模展覧会が実現するに至った経緯、1980年代に初めて韓国・ソウルを訪れたときの感動、台湾の少数民族・ブヌン族との出会いのエピソードなど、著者の足跡を辿ることはそのまま世界を理解することにも繋がります。坂本氏が立ち上げた森林保護団体「モア・トゥリーズ」の理念に共鳴する中国のファン有志が過去に二度、坂本氏の誕生日1月17日に、その数字にあやかって内モンゴルに1170本の植樹をしたこともあったそうです。

 各版元とも、坂本氏の言葉を多くの読者に届けるべく、連携して刊行準備を進めています。以下に、熱心な坂本ファンとして知られるBTSのメンバーSUGA(シュガ)、同じく坂本氏と親交があったバンドSE SO NEON(セソニョン)のソユンが韓国版に寄せたメッセージと、世界的映画作家として知られる侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督が台湾版に寄せた推薦文を紹介します。

SUGA(BTS)
世界が音で満ちていて、その音が集まると音楽になるということを教えてくださった先生、最後の瞬間まで音楽と人を愛された先生、長い長い旅が安らかな旅でありますように。


ソユン(SE SO NEON)
回顧すること――あなたが何を捨て、何を得たかを教えてください。
長く深い時間をかけて培われた自発性、変わらぬ純粋さに寄り添った愛、音楽が記録され、歴史が刻まれ、自然と人間と言語が静かに形成されてきた時代について。
この本を1ページずつめくって読む中で、小さな断片を手がかりに、私はあなたの存在を確かに感じることができる。


侯孝賢(映画監督)
4年前の5月に坂本龍一さんが台北を訪れた際、共通の友人である俳優の林強(リム・ギョン)さんが食事に誘ってくれ、音楽や映画についてまるで旧知の仲のように話をした。しかしその坂本さんは、今年の3月に亡くなってしまった。私より5歳も若いのに。
本書で坂本さんは満月について語っている。それを読み、私はホルヘ・ルイス・ボルヘスの「月」という詩を思い出した。ボルヘスは、彼の最後の伴侶となったマリア・コダマに宛てたこの詩に、こう書いている。「何世紀にもわたり/見つめ続けてきた人々の涙で満たされた月は黄金色/見よ/それはあなたの鏡だ」
地球上から消えゆく存在のうち、月に蓄えられているものがたくさんあるのだろう。

著者:坂本龍一

1952年1月17日、東京生まれ。東京藝術大学大学院修士課程修了。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年、YMOの結成に参加。1983年に散開後は『音楽図鑑』『BEAUTY』『async』『12』などを発表、革新的なサウンドを追求し続けた姿勢は世界的評価を得た。映画音楽では『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞音楽賞、『ラストエンペラー』でアカデミー賞作曲賞、ゴールデングローブ賞最優秀作曲賞、グラミー賞映画・テレビ音楽賞をはじめ多数受賞。『LIFE』『TIME』といった舞台作品や、韓国や中国での大規模インスタレーション展示など、アート界への越境も積極的に行なった。環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」を創設。また「東北ユースオーケストラ」を設立して被災地の子供たちの音楽活動を支援した。2023年3月28日逝去。

坂本龍一

INFORMATION

タイトル: 『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』
著者: 坂本龍一
発売日: 2023年6月21日
定価: 2,090円(税込)
判型: 四六判
ISBN: 978-4-10-410603-5

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

この記事を書いたひと

muto(ミュート)

homePagefacebookyoutubexinstagram

大人の好奇心を旅するwebマガジン。旅、グルメ、アート、インテリア、車、ファッション等の新着ライイフスタイル情報を毎日更新中!