PageTopButton

2028 AMからFMへ

RKBラジオは、全国の民放ラジオ43局とともに2028年秋までにFM局になることを目指します。

「難聴対策」「災害対策」を目的とする2016年 ワイドFM放送開始

 

福岡局

北九州局

糸島局

行橋局

周波数

91.0MHz

91.5MHz

94.6MHz

94.8MHz

送信場所

九千部山

皿倉山

可也山

大坂山

送信出力

1キロワット

250ワット

100ワット

30ワット

放送区域

福岡都市圏および筑後地方

北九州市・筑豊地方

福岡市西部および糸島市

行橋市およびその周辺

特徴

①高音質、FMステレオ放送
②雑音が少なく聞きやすい
③建物の中でも受信しやすい
④FMラジオの送信所は高台にあり、災害の影響を受けにくい
⑤設備コスト、運用経費が安い

2028年 FM転換を目指す

~「AMラジオ事業者の経営基盤の強化」及び「効率的な放送事業の維持継続を図る」~

その第1歩 2024年2月~
AM局の運用休止実証実験 全国13事業者が参加します

RKBラジオはKBCラジオと共同で行橋AM局の運用休止(2024年2月5日~)を予定しています

  1. RKB行橋AM局(100W、1062kHz)行橋市今井文久3670-1
  2. KBC行橋AM局(100W、1485kHz)行橋市今井文久3670-1

【問合せ窓口】
https://rkb.jp/qa_form/
092-852-6666 (月~金 午前9:30~午後5:30)

行橋AMラジオ局をお聞きの皆様

行橋AMラジオ局の運用休止以降は以下のラジオをお楽しみください。

FMラジオ行橋FM局(94.8MHz)
北九州FM局(91.5MHz)
AMラジオ北九州AM局(1197kHz)

また、インターネットラジオ『radiko(ラジコ)』でもお楽しみいただけます。
スマートフォンアプリ・パソコン・スマートスピーカーでラジオが聴ける無料のサービスです。

ワイドFMに関する詳しい情報

ワイドFMに関する詳しい情報は、総務省ホームページをご覧ください。

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

radiko 防災ムービー「いつでも、どこでも、安心を手のひらに。」