ビール離れで生産拠点を再編・・・アサヒビール博多工場が移転 生産量1.3倍に

福岡市博多区にあるアサヒビール博多工場が、佐賀県鳥栖市へ移転することが決まりました。

アサヒビールによりますと博多工場の移転先は佐賀県鳥栖市にあるJR肥前旭駅の東側で、敷地面積は27万平方メートル、現在の博多工場の2倍以上となります。

新工場は2026年の操業開始を予定していて主力のアルコール飲料のほか、グループ会社であるアサヒ飲料の製品なども新たに製造します。

これにより年間の生産量は現在の約1・3倍になるということです。

鳥栖市へ移転する理由についてアサヒビールは「九州全域へ効率的に供給でき、天災などの影響も受けにくい」と話しています。

一方、福岡市博多区竹下にある博多工場は1921年に操業を開始し、グループ内では国内で2番目に古いビール工場です。

近年は若者のビール離れや健康志向などで需要が減少、酒類以外の商品を含めた生産拠点の再編を進めていました。
跡地の活用は未定で、従業員約120人については新工場に配置転換する方針です。

日曜劇場『オールドルーキー』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE