新 窓をあけて九州

日曜 10:00
陶芸家 長瀬渉

陶芸家 長瀬渉

ひょうもんだこやギンポのオブジェ。カエルの一輪挿し。金魚の急須。などなど。
なんとも愛嬌があり、生命力あふれる水辺の生き物たちです。
作ったのは波佐見町在住の陶芸家・長瀬渉さん。
お父さんも陶芸家の長瀬さんは、山形出身。長崎の海の魚をテーマにした作品で、日本はもちろん、海外からも注目を浴びる作家です。
陶芸を始めたきっかけは小学生の時。父親の横で、鶏の小さな置物を作りました。
それが意外に大好評。小学生を卒業するまでに200万円を貯金するほど売り上げ、モノづくりの面白さに目覚めました。
作品が認められ、日本橋三越本店から、「招きライオン」の制作依頼を受けるほど。
本物よりもなぜかリアルなオブジェを作る長瀬さんの魅力に迫ります。
(制作:NBC長崎放送 / 制作担当:出口淳 斉藤礼子)

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.07.31
  • ビジネス
  • テレビ
2022.07.10
  • ビジネス
  • テレビ
2022.07.03
  • ビジネス
  • テレビ
2022.06.26
  • ビジネス
  • テレビ

番組SNS

  • Facebook
番組
SNS
  • Facebook