PageTopButton

新 窓をあけて九州

番組概要

九州の風土と、そこに暮らす人々の生活・生き方を紹介し、豊かな郷土愛、明日へのチャレンジする人々を描くヒューマンドキュメンタリー番組。九州に生きる人々の人間賛歌として、「再生」「チェンジ」「情熱」「チャレンジ」「地域に生きる」をキーワードに、九州にこだわり、九州の素晴らしさを伝える番組です。

次回の放送内容

新 窓をあけて九州【未来はいつも全盛期】【字】

番組内容
北海道出身の中村勝利(82)さん。30歳の時に会社の転勤で大分市へ。趣味は草野球と声楽。充実した日々を送っていた。
しかし、37歳の時に平衡感覚障害、そして58歳の時に右耳突発性難聴を発症。
2つの趣味を失った。そんな中、新たな趣味として出会ったのが陸上競技だった。
最初は苦労もあったが、徐々にタイムを伸ばし、80歳の時にはM80クラス100mの世界記録を樹立。
中村さんの苦難を乗り越え、挑戦を続ける姿を追った。

制作
OBS大分放送


おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

今回の放送内容

アサギマダラのかんなちゃん

アサギマダラに魅せられて、この蝶を観察するための花壇を作っている中学生がいます。新留かんなさん(14)。アサギマダラは台湾などから海を越え2000キロ以上移動するといわれる渡り蝶です。日本には年に2度飛来します。


かんなさんは5歳の時、家族旅行で訪れた大分県姫島で初めてアサギマダラと出会いました。その姿にすっかり魅了されました。福岡でも見られる場所はないのか?父、等さん(53)と一緒にアサギマダラ探しを始めました。そのうちに「アサギマダラが好む花を自分で育てればそこに飛来してくれるのではないか?」「観察拠点を作りたい」と考えるようになりました。


8歳時、通っていた小学校に頼んで校庭の一部に花壇を制作。アサギマダラが好む花を植えましたが、ここには飛来しませんでした。親子は花壇を作らせてもらえる新たな場所探しに奔走。多くの周辺施設などに交渉した結果、快諾してくれたのがロイヤルホテル宗像(当時)でした。


9歳時、ホテルの庭にて花壇作りを開始。小学生のかんなさんには大変な作業でした。父の助けを借り、半年で作り上げました。それ以来5年、毎週花壇に通い花の世話をしています。「今年も沢山のアサギマダラに来てもらって、沢山の人に見てほしい」かんなさんの思いは届くのでしょうか?

 

(制作:RKB毎日放送/坂本 祥)

番組SNSfacebook

制作放送局一覧

;