世界最速!?球速240km/hのバッティングセンターが福岡県北九州市に

世界最速!?球速240km/hのバッティングセンターが福岡県北九州市に

北九州市小倉北区には、世界最高の球速を誇ると言われる「三萩野(みはぎの)バッティングセンター」があります。その速さはなんと240km/h!新幹線並と言っても過言ではありません。

球速240km/hの体感とは?


小学校から大学まで野球を続けた佐藤巧アナが挑戦しても「打つタイミングが分からない」という剛速球。ピッチングマシンにボールがちらりと見えた次の瞬間には、ネットに当たったボール横ではねているという不思議な感覚です。もはや想像するだけで身の危険を感じますね。

(中継に向け240kmの球速を体験してみるディレクターと球速に負けて折れたバット)

球速240km/hを打つスラッガーはいるのか?

こんな豪速球を打てる人いるわけない!…と言いたい所ですが、います。このバッティングセンターの常連客のお一人、中村勝彦さん(66)です。5年前にこの240km/hのピッチングマシンからホームランを打った、本物の実力者です。ちなみに以前、このピッチングマシンが、最速230km/hだった頃にはホームランを3本打ったことがあるそうです。

中村勝彦さんはどんな人?野球歴は?

(左:佐藤巧アナ、右:中村勝彦さん)

こんなに速い球が打てるからには、若い頃相当野球に打ち込んだに違いない、いや、元プロ野球選手って可能性も・・・と思い、中村さんに野球歴をおたずねしたところ、驚きの返事が。

なんと、中村さんの野球歴は驚きの“0年”。野球部には入ったことがなく、若い頃に近所のおじさんたちと集まって、草野球をした経験がある程度だそうです。

中村さん曰く、240km/hの球を打つのは野球ではなく格闘技だそう。「向かっていく気持ちがないと打てない。野球の技術がある人は、球を目で追ってしまうのでおそらく打てないだろう」と語ります。

中村さんが三萩野バティングセンターに通い始めたのは20年ほど前から。それから15~16年前に脳梗塞を患って左半身不随となり、目のリハビリも兼ねて再びバッティングセンターに通うようになったそうです。

リハビリ目的で始めたバッティングで、野球部をしのぐほどの技術を磨いた中村さん。その姿に周りも勇気づけられます。

※年齢や記録は放送当時のものです。

三萩野バッティングセンター

HP:http://www.mihagino-bc.com/

THE TIME,

HP:https://www.tbs.co.jp/thetime_tbs/
月~金曜日 あさ5:20~8:00 RKBテレビで放送中!

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE